ヒロマサです。

本ブログではおもに、”平日休めないアラサーリーマン”へ向けて、ビットコイン投資で副収入を得るためのコンテンツ提供しています。これを読んでいるあなたも、今の仕事でもらえるお給料に加えて、副収入があればいいなと思って、このページを開いていることかと思います。

では、副収入を得る目的を考えたことはありますか?
サラリーマンをやっていれば安定して生きていけるのに、別の収入源を作る必要性はあるのでしょうか?

今回の記事ではそういった、そもそも「なぜ副収入が欲しいのか?」についてお話ししていきます。
私自身もアラサーのリーマンです。会社ではそれなりに和気あいあいと、まじめに仕事しており、周りからも評価されている方だと思います。
プロフィールも参照ください(リンク)

それなのに、なぜわざわざ投資をしているのか?
なぜ本業以外のお金が必要なのか?

こういった「投資でお金を得る理由」について、お話ししてみようと思います。それでは、一緒に考えていきましょう。

生活するために絶対必要な出費

現代の日本で生活するためには、最低限のお金が必要です。私の一人暮らしを例に挙げ、どれくらいのお金が必要なのかを見てみましょう。

  • 家賃…5万円
  • 食費…3万円
  • 光熱費…1万円
  • 通信費…1万5千円

計1万5千円

「生活するのに必要なお金」と考えると、最低10万5千円あれば暮らしていけます。
意外と安いですね。一人で暮らすだけであれば、そんなにお金がいらないみたいですね。

ですが、現実には10万5千円だけでは暮らしていけないでしょう。それは、「生活するのに必要なお金」以外に使っているお金があるからです。他にどんな出費が必要なのかを見ていきます。

生活レベルを維持するための出費

実際に生活していると、10万5千円以外に必要となるお金が発生します。
体調を崩した時の医療費、会社の付き合いで行く飲食代、家具・日用品etc

体調を崩しても病院に行かない、会社の付き合いを断る、家具・日用品をケチる、といった行動を取れば、節約は不可能ではない出費です。つまり、やろうと思えば節約できる出費です。
ですがそんなことをすると、下に載せたような”不具合”が起きてしまいます。

  • 病院代を節約する⇒体調がなかなか治らない
  • 会社の付き合いを断る⇒人付き合いが希薄になる
  • 家具・日用品をケチる⇒生活の質が下がる

こう考えると、現実的にはこのような出費を節約するのは難しいように思えますね。節約によってストレスがたまり、人生がどんどん悪い方向へ進んでしまいます。
このように、不可能ではないけれど、現実的には節約するのが難しい出費がたくさんあります。

将来的な出費

学生の頃にはあまりイメージできていませんでしたが、30代・40代と年代が上がるにつれて、様々な場面で必要となる出費があります。特に私と同世代のアラサーの皆さんは、その事実を実感する場面が多いかもしれない、以下のような出費です。

①結婚や出産に伴う出費

私は独身ですが、アラサーともなれば結婚されている方も多いでしょう。そういう方はすでに、出費の多さを実感されているかもしれませんね。特にお子さんがいる方は、ケタ違いの出費が必要となることでしょう。

②両親や兄弟など、家族の都合による出費

アラサーになると、そろそろご両親が高齢者と呼ばれる年代に入ってきます。今までは、小学校~大学にかけて沢山の学費や生活費を自分に費やしてくれていたご両親が年金生活を始めたり、高齢者向けのアルバイトを始めたりするかもしれませんね。

また、あまり考えたくはありませんが、いつか健康を維持できなくなる時期が訪れます。そうなった時に、介護費用を出すのは子供の役割です。その時までに十分なお金を持ち合わせていないと、きっと辛い思いをすることになるでしょう。

ご兄弟がいる方は、様々な都合によりご兄弟にお金を出さなきゃいけない場面があるかもしれません。

③自分の高齢化に伴う出費

私の世代になってくると、10代のころと比べて体力の減少を感じることが多くなります。「昔よりすぐ疲れるようになった」「健康診断の結果が良くなかった」という声も、同世代の人からよく聞きます。

「自分はまだ若い」という方もいるとは思いますが、「高齢化」は絶対に避けられない現象です。
若さや健康を維持するにもお金が必要ですし、健康を崩した時にもお金が必要です。

将来的に、いつ急な出費があるか分かりません。いざその時になって、「お金が足りない」という事になれば、とても大変な思いをする事になります。

人生を楽しくするための出費(ムダづかい)

今まで書いてきた出費は、どちらかというと出さなきゃいけない出費です。
最後に、出さなくてもいい出費に関して考えてみます。
”ムダづかい”は生きる上で出す必要がありません。なにをムダづかいと呼ぶかは人によりますが、この記事では生きるのに必要ない出費を”ムダづかい”と呼んでいます。

例えば…

  • 1万や2万を超えるような服・小物類
  • 仕事帰りにフラッと寄った居酒屋
  • 3日間かけて行く、贅沢な旅行
  • それ以外の娯楽全般(カラオケや漫画喫茶は、個人的にもよく行きます。)

これらは、生きていく上で出す必要がありません。ということは、ムダづかいはおさえた方がいいのでしょうか?

もちろん「出さなきゃいけない出費」だけで生活がいっぱいいっぱいなのであれば、ムダづかいは避けるべきでしょう。ムダづかいをしていると、生活に必要なお金が無くなってしまいます。
しかし、「お金があるのであれば、いろんなムダづかいをした方が人生が楽しくなる」と、私は考えています。

具体的には…

  • 1か月に1回、友人と一緒に小旅行へ出かける
  • 興味があるけど手の出せなかった趣味を始める(楽器を始める、習い事を始める、ジムへ通い始める…etc)
  • 好きな歌手のライブへ参加する
  • コンパへ行きまくる(笑)

といったように、お金をかける事で楽しめるものが沢山あります。
お金が無くて我慢するよりも、お金をかけて楽しめた方がいいですよね?

副収入が必要な理由

先ほど、「お金があるのであれば、いろんなムダづかいをした方が人生が楽しくなる」とお話ししました。つまり、人生を楽しくするためにお金が必要ということですね。
そしてお金があればあるほど、人生をさらに楽しくすることができます。

いろいろと細かいお話しをしてきましたが、結論はシンプルです。
「人生楽しい方がいいでしょ?」ってことです。

サラリーマンとして得られる給料だけでも、生活はできますし、人生を楽しむことは可能です。ただし、収入に上限があります。楽しさに上限があるということです。

副収入があることでどんな変化があるでしょうか?
趣味が増えて、人生の幅を広げることができます。今まで行けなかった場所へ行けたり、やれなかったことがやれるようになります。将来的に家族の出費が増えたとしても、お金があれば問題ありません。

「今の収入に加えて、余分に30万円あったら何ができるだろう?」と具体的に考えたら、ワクワクするような気持ちがわいてきませんか?

また、本業とは別に副収入を得ることに関して「会社にばれるんじゃないか?」と思うかもしれません。絶対に大丈夫、という言い方はできませんが税金の扱い方を間違えなければ、ばれることはありません。

ビットクラブによる副収入を20万円よりも多く得た場合は、確定申告をする必要があります。確定申告をする際に「住民税の徴収方法の選択」「自分で納付」にすれば、基本的には本業の会社へ副収入の存在がばれることはありません。収入を得たら、”税金の知識をつける”ことを忘れないようにしてください。

まとめ

いままでのお話しをまとめてみましょう。

【必要な出費】
①生活のために絶対に必要な出費
⇒食費や光熱費といった出費。払わないと生活できない。

②生活レベルを維持するための出費
⇒医療費や家具など。支払わなくても生活できるが、払わないと生活が悪くなっていく。

③将来的な出費
⇒結婚・出産・高齢化などによる出費。今は払わなくていいが、将来的に払う必要がある。

④ムダづかい
⇒支払わなくても、全く問題ない。ただし、ムダづかいをすればするほど人生は楽しくなる。

【副収入が必要な理由】

  • サラリーマンとして得られる給料だけでも、①~③を払うことは可能。
  • ただし、給料には上限があるのでムダづかいを避ける必要がある。
  • 副収入があると、得られるお金に上限がなくなる。
  • 心に余裕が生まれて、人生をどんどん楽しくすることが可能になる。

今回の記事のテーマである「なぜ副収入が欲しいのか?」に対する答えとしては、いたってシンプルに「副収入は人生を楽しくするための手段」ということですね。せっかくの人生ですから、楽しみで溢れているほうがいいとは思いませんか?

仕事に追われてストレスのたまる毎日より、仕事とは別の楽しみを目いっぱい堪能できる人生のほうが、私は好きです。

ビットコインの投資をやっているのも、この楽しみを作るための手段ですし、投資そのものが楽しみにもなっています。

具体的な投資内容について、いろいろと記事を書いていますので、よければそちらもご覧になってください。
【投資についてのおススメ記事】
ビットコインとはなにか?
ビットコインの”マイニング”とはどんな投資か?

【投資やマインドについて、有力な情報をメルマガで配信中】
無料メルマガのご案内(特典付き)

わからない部分や不安な部分も、お問い合わせいただければすべてお答えします。
いつでもお気軽に質問してくださいね。
お問い合わせリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
次回もまた、ぜひいらしてくださいね。