こんにちは、独身サラリーマンのヒロマサです。

    もう聞き飽きたと思いますが、「老後2000万問題」という言葉が世の中へ独り歩きしていますよね。ただ実際には、かならずしも2000万円を貯金しないと生活できないわけではありません。現状、2000万円の貯金がない家庭だとしても”退職金”や”年金”といった収入源があるので、ある程度の生活は送ることは可能なのです。

    とはいえ、私たちが年を取ったときに同じ水準の生活ができるとは限りません。

    • 平均的な寿命が長くなる
    • 少子化、高齢化によって年金が減る
    • 物価の上昇により、お金の価値が低下する
      …など

    様々なマイナス要因があるので、貯金や投資によって老後に向けての準備を進めていく必要があります。となると、やはり重要になってくるのは”老後までにいくら稼げるのか?”要するに「生涯賃金(しょうがい ちんぎん)」です。

    この記事をごらんのあなたがサラリーマンだと考えてお話ししますが、退職するまでにどれだけの生涯賃金をもらえるかご存知でしょうか?もちろん、勤める会社によって変わってくるとは思いますが、だいたいの計算はできるはずです。今の給料を参考にして、計算してみればいいのです。

    とはいえ、「計算するのはめんどくさいなぁ…」というあなたに向けて、私の給料を参考にして「サラリーマンがもらえる生涯賃金」がどれくらいなのかをお伝えしようと思います。人の給料を知る機会は少ないと思うので、興味深い内容になるかと思います。

    ぜひとも、ご自身の参考にしていただけたら幸いです。

    まず、”控除”について知ろう

    まずは、基本的なお話しから始めようと思います。
    「年収500万円のサラリーマン」がいたとして、この人は年間で500万円を自由に使えるわけではありません。実際には、給料として支払われる前に”さまざまな控除が発生する”のです。

    ”控除”とは、「金額を差し引くこと」を意味します。控除にはさまざまな種類があり、保険料や税金といった”支払う必要のある経費に使われる”と理解しておいてください。そのため給料として渡されるときには、お金を差し引かれて安くなっているのです。

    「控除なんかやめて、そのままお金をくれよ!」と思うかもしれませんが、そうはいきません。もしも控除されないまま給料が支払われたら、保険料や税金を”自分で納めなければならない”のです。めんどくさくて嫌ですよね?会社は、そのめんどくさいことを代わりに済ませてくれるのです。

    サラリーマンにとってややこしい…手取り額と総支給について

    控除のお話しが分かったところで、本題に入ります。”手取り額””総支給”の違いは控除があるかないかなのです。
    要するに、「年収500万円のサラリーマン」の場合…

    500万円が総支給
    500万円からある程度が控除された400万円弱が手取り額
    と、なるのです。

    「年収500万円」と聞くと、そこそこの生活ができる気がしますが、実際には”使える金額が100万円以上も少ない”のです。このことを理解した時、私はびっくりしてしまいました。

    なぜなら、あまりお金をもらっている実感が無い私自身も「年収500万円のサラリーマンだったから」です。いままで、年収500万円のことを”かなり豊かな人々”だと思っていたのですが、それが勘違いだと知った瞬間でした。

    実際、サラリーマンが使える生涯賃金ってどれくらい?

    年収500万円のサラリーマンが、イメージよりもお金をもらえていないことは分かりました。とはいえ、実際いくらもらえるのかを具体的な金額でお話しした方がいいですよね?

    そこで、直近2年分の”手取り額””総支給”をお伝えしようと思います。あなたがサラリーマンとしての給料しかもらっていないのだとしたら、他人の給料を知るのは有効なことでしょう。あなた自身の給料と比較して、「自分が豊かなのか?そうでないのか?」を知るための指標となりますからね。

    【2017年度】
    総支給:492万円
    控除:152万円
    手取り:340万円(総支給の69.1%)

    【2018年度】
    総支給:533万円
    控除:161万円
    手取り:372万円(総支給の69.8%)
    ※1万円以下切り捨て

    控除の内訳は、各種の保険料や税金です。各年によって少しずつ違いはありますが、だいたい総支給の69%が手取りになるようです。

    この先の生涯賃金がどれくらいになるかについても、ある程度の予測が可能です。出世による昇給を考慮したうえで、計算してみればいいですよね。22歳で就職した人が65歳まで働いた場合、20代の年収は450万円、30代の年収は600万円、40代以降は700万円になると仮定して、いくらもらえるかを計算してみましょう。
    ※40代以降は出世できる人が限られるので、700万円から上がらないものとします。

    22歳~29歳の収入
    450万円×8年=3,600万円

    30歳~39歳の収入
    600万円×10年=6,000万円

    40歳~65歳の収入
    700万円×26年=1億8,200万円

    一般的なサラリーマンの生涯賃金(総支給)
    3,600万円+6,000万円+1億8,200万円=2億7,800万円

    実際に使えるお金(手取り額)
    2億7,800万円×69%=1億9,182万円

    安定した企業へ就職して地道に努力を重ねた結果、1億9,182万円も稼げるのであれば十分ですよね。「年収500万円って意外と少ないな…」と思いましたが、やはりサラリーマンは安定した仕事と言えるのでしょう。さらに言うと、上の計算式には退職金が含まれていません。断言はできませんが、一定の規模を超える会社であれば2000万円近い退職金はもらえるのではないでしょうか?

    それと、累進課税(給料が増えると税金の比率が増えること)を考慮していないので、実際にもらえるお金は少なくなることが予測されます。とはいえ、退職金だけで2000万円近くもらえるのであれば、十分に老後を生き抜くことができるように思えます。

    つまり、大きくて安定した会社で定年まで働けば、「老後2000万円問題」なんて気にする必要がないということですね。

    ただし、いままでは「すべてがうまく行った場合」のお話しです。人生には不確定なリスクがあるので、なにが起こるか分かりません。そういった、不確定なリスクについても考察しておきましょう。

    サラリーマンが遭遇するかもしれない最大のリスク

    もちろん、すべてのリスクを想定するのは無理です。ですが、いちばん大きなリスクについては予測はできるので、考察してみましょう。

    最大のリスク:自分の会社がなくなる可能性

    当たり前の話ですが、会社員の給料は会社の売り上げから出ています。そのため、会社の売り上げが悪いと、給料を渡せなくなってしまいますよね。

    先ほど手取りで約2億円もらえると言いましたが、あれは今後40年間あなたの会社が好調であることを前提にしたお話しです。会社の業績が悪くなったり、会社がつぶれたりしたら、当然ですが2億円も受け取ることはできません。50歳の時に会社がつぶれるようなことがあれば、イチから出直して仕事を探さなければなりません。

    会社員の給料は、良くも悪くも会社に依存しているので、「絶対にもらえるとは限らない」ことを理解しておきましょう。

    サラリーマンの生涯賃金でもらえる”手取り”について~まとめ~

    さて、ここまでサラリーマンの生涯賃金でもらえる”手取り額”についてのお話しをしてきました。長くなってきたので、いったんここで内容をまとめてみようと思います。

    【老後2000万円問題が話題になっている】

    • 「老後になると2000万円が必要になる!」と言われている。
    • そのため、退職までに会社からどれくらいのお金をもらえるかを知る必要がある。
      ※退職後の収入源を確保するのも大切だが、この記事ではその話題は割愛

    【まずは”控除”について知る】

    • ”年収500万円”といっても、500万円をまるまる貰えるわけではない。
    • 保険料や税金を”控除したあとのお金”が使えるお金となる。
    • 年収500万円であれば、400万円弱のお金しか使えない。

    【使えるお金を、実際の数字で見てみる】

    • 大企業に勤める、約10年目の一般的なサラリーマンの場合…
    • 2017年度
      総支給:492万円
      手取り:340万円(総支給の69.1%)
    • 2018年度
      総支給:533万円
      手取り:372万円(総支給の69.8%)
    • 総支給の69%が手取り(使えるお金)となる。
    • 生涯賃金の手取りは、およそ2億円。

    【サラリーマンが遭遇する最大のリスクについて】

    • サラリーマンの給料は、100%会社に依存している。
    • つまり、会社が危うい状況になると給料が減る可能性がある。
    • さらに、会社がなくなったら当然お金は全くもらえない。

    ここまでが、記事のまとめとなります。今回は私の給料を例に挙げて、サラリーマンの生涯賃金がいくらになるのかを考察しました。不確定な情報よりも、実際の数字を使った方が分かりやすいと思ったためです。

    前提として、65歳まで働き続けることのできる会社であれば、「サラリーマンは安定している」ことが分かりました。とはいえ、やはり会社に100%依存するのは危険なことだと、私は考えています。

    なぜなら、先のことなど誰も分からないからです。私やあなたの会社があと40年続く保証なんてどこにあるのでしょうか?

    • ちょっとした不祥事で会社が信用を失う
    • 競合している会社にシェアを奪われる
    • 海外の企業から買収されて、雇用が少なくなる
    • AI化の流れによって、会社員が必要なくなる

    …など

    考えれば考えるほど、”会社の給料だけで生活するのが危ういこと”だと思えてきます。サラリーマンが有力な仕事なのは間違いありませんが、”依存するのは危険”だということは理解しておいてくださいね。

    それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。本ブログでは、サラリーマン向けの記事を他にも取り揃えているので、よければそちらものぞいてみてくださいね。

      また、無料メルマガではサラリーマン向けの投資コンテンツを配信しているので、情報が欲しい方はそちらもどうぞ。
      無料メルマガのご案内(リンク)

      【おススメ記事】
      サラリーマンにとって、”投資”以上に優れた副業は無い??
      AIによる”ビットコインの自動売買”とは?
      ”自由”になるための3つの条件とは?

      こちらは管理人ヒロマサのプロフィールです。よければこちらもお願いします。
      管理人ヒロマサのプロフィール

      なにか分からないことがあれば、遠慮なくお問い合わせください。
      お問い合わせリンク