こんにちは、投資で稼ぐ独身サラリーマンのヒロマサです。

日本は、世界のなかでも”先進国”と言われる国ですよね。とにかく戦後からの復興が凄まじく、日本の成長は”東洋の奇跡”と呼ばれて世界から絶賛されました。そんな話を聞くと、「日本に生まれてよかったな」と思いますよね。

ですが、日本が世界と比べて大きく遅れている分野があります。それは、国民の”資産運用に対する意識”です。

どういうことかというと、”日本人は仕事で稼いだお金をほとんど貯金してしまう”のです。
「それが悪いことなの?」と思うかもしれませんが…悪いことなんです。例えば、ドイツやフランス・アメリカといった先進国では、稼いだお金を貯金する割合は30%以下であり、残りは運用へ回しています。

つまり、世界から見ると「稼いだお金をすぐ貯金する日本人の方が異常」というわけです。今回の記事では、そんな異常な日本人にとってジュビリーエースが資産運用の手段になりうるのかどうかを考察していきます。
※厳密には”投資”と”資産運用”は別の意味ですが、この記事では同じような意味の言葉として扱っています。

一般的な資産運用では、リスクとリターンは同じレベルになるのが普通

一般的に、資産運用には”ローリスクローリターン”と”ハイリスクハイリターン”の運用しかありません。

ローリスクローリターンは「小さな利益しか得られないけど、損失を小さいレベルで抑えることができる。」
逆に、ハイリスクハイリターンは「大きな利益を得られるけど、損失も大きくなる傾向がある。」
ということです。

つまり、リスクとリターンの大きさは同じレベルになるのが普通なのです。

ジュビリーエースのリスクは?初心者向けの資産運用って本当?

ジュビリーエースは、ネットのアンチ記事で「リスクが大きい」なんて言われることがあります。

リスクが大きいと言われる理由は、

  • ジュビリーエースはそのうち飛ぶ可能性がある
  • 詐欺の可能性が高い
  • お金を引き出せないらしい?

そういった評判があるからですよね。ただ、ここで言われている「リスク」は、資産運用におけるリスクとは意味合いが違います。リスクとは、”損失が出た時の大きさ”のことなので「飛ぶ可能性」はリスクとは言いません。

「飛ぶ可能性」は、リスクというよりは”危険性”と表現するのが正しいです。ジュビリーエースの危険性については、過去の記事でいろいろと考察しているので、今回の記事では解説を省きます。
過去の記事①過去の記事➁

あらためてリスクについてお話しすると、ジュビリーエースは「リターンが大きいわりにリスクが小さい”初心者向けの資産運用”」と言われることがあります。次の章ではその理由についてご説明しますね。

リスクとリターンをくらべると、初心者向けなのがよく分かる

ジュビリーエースが「リターンが大きいわりにリスクが小さい”初心者向けの資産運用”」と言われる理由は、損失が出る可能性が限りなく低いからです。

なぜそう言えるかというと、仕組み上ジュビリーエースで損失が出ることはあり得ないからです。なぜなら、ジュビリーエースの扱う”アービトラージ”という手法は、正しくやれば損失の出る手法ではないからです。ただ、アービトラージには「ほとんど収益が出ない」という弱点があります。

利益が出ない代わりに、お金を失う心配もない。ごくわずかな利益を少しずつ増やしていけるのが”アービトラージ”という運用法なのです。
アービトラージについての解説記事

本来、アービトラージだけで大きな利益を出すのは難しいです。しかしジュビリーエースは、取引をすべて自動化することで、この問題を解決しました。つまり1回1回の利益は小さくても、高速で何回もくりかえすことで、大きな利益を出すのに成功したのです。

それによって、ジュビリーエースはローリスクハイリターンな資産運用を実現したのです。

要するにジュビリーエースは、「特に深く考えなくても稼げる手段」と言えます。
まさに、”初心者向けの資産運用”だとは思いませんか?

ジュビリーエースが、日本を中心に広がった理由について

記事の最初で、「日本人は、世界の国と比べて貯金しすぎている」とお話ししましたよね。他の国々では、増えたお金を運用へ回すのが当たり前なのに、日本は”資産運用”や”投資”に対して関心のない人ばかりです。

つまり日本には、”資産運用へ使えるお金が大量に眠っている”というわけです。そこに注目したのがジュビリーエース社です。ジュビリーエース社からすれば、日本は「潜在的な顧客の多い国」というわけですね。

日本人にとって、ジュビリーエースが日本に来たことは”お金を増やすチャンス”だと言えます。ぜひとも、このチャンスを逃さずにつかみ取りたいものですね。
※2020年6月現在は日本だけでなく、世界の各地へ広がっています。

資産運用としてのジュビリーエース ~まとめ~

ここまで、ジュビリーエースが”資産運用の手段”として有効なのかどうかを考察してきました。ここで、今までの内容をまとめてみます。

【資産運用におけるリスクとリターンについて】

  • どんな資産運用でも、リスクとリターンが同レベルになるのが普通
    (得られるお金が大きい案件は、そのぶん大きいお金を失う可能性がある)
  • 一般的に、ハイリスクハイリターンorローリスクローリターン以外にはない

【ジュビリーエースは”リスクの高い投資”なのか?】

  • ネット上で、「リスクが高い」という評判もある
  • 正確には、”リターンが大きいわりにリスクが低い”投資である

【ジュビリーエースが初心者向けと言われている理由】

  • 単純にリスクが低くて、損失がほぼ発生しない
  • 特に深く考えなくても、ほぼ確実に資産を増やしていくことができる
  • ”アービトラージ”と”運用プログラム”をかけ合わせて、ローリスクハイリターンを実現した

    以上が、”資産運用としてのジュビリーエース”についての記事となります。
    結論を言うと、「ジュビリーエースはローリスクハイリターンで、初心者がやるにはうってつけの運用法」ということです。

    仕事で得たお金を貯金するだけだと、お金は増えていきません。お金が増えなければ、仕事でもらった給料だけで生きていかなくてはなりません。

    しかし資産運用をすれば、お金を一定の割合で増やしつづけることができます。ここから先の選択肢が大きく広がり、より豊かな人生を過ごすことができるでしょう。

    「お金を稼ぐのはいやらしいことだ」
    「自分には資産運用なんて向いてないよ…」
    「日々の仕事で精一杯だから、他のことをやる余裕はない」

    そんなことを言わずに、自分の人生のため、お金と向き合っていきましょうね。
    それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。次回の記事でまたお会いしましょう。

    【おススメ記事】
    ジュビリーエースで、元本を回収するのにかかる期間は?
    世界一の経済誌”フォーブス”へジュビリーエースが載った??

    【管理人のプロフィール】
    こちらは管理人ヒロマサのプロフィールです。よければこちらもお願いします。
    管理人ヒロマサのプロフィール
    ヒロマサが過去、投資に失敗した時の記事(NEW)

    【連絡ページのご案内】

    • 「ジュビリーエースについて聞いたことがあるけど、まだ不安がある方」
    • 「興味はあるけどその実態がよく分からない方」
      など…どんな方でもお気軽にご連絡ください。

    ↓下のボタンから、連絡ページへ飛ぶことができます。