こんにちは、独身サラリーマンのヒロマサです。

突然ですが、あのアインシュタイン博士が「人類最大の発明」と呼んだものをご存知ですか?
それはズバリ”複利”です。複利とは、お金の世界で扱われる言葉ですよね。世界でもっとも有名な物理学者が、物理学とは関係ない複利のことを、どうして「最大の発明」なんて呼んだんでしょうね?

これは予想ですが、複利によって多くの人々が富を稼ぎ、世の中を動かすさまを見て「最大の発明」と言ったんじゃないかなと思います。物理学のどんな発明よりも、お金の方が大きな力を持っているのは間違いありませんからね。物理学を世の中へ役立てようとしたときに、そもそもお金がなければ何も始めることはできません。

あのアインシュタイン博士にそこまで言われる複利って、一体どういうものなんでしょうか?
複利とは、「元本だけでなく利子にも利子が付く仕組み」のことです。少し意味が分かりにくいでしょうか。。

複利の反対語である、”単利”と比べてみると分かりやすいです。単利は、元本だけに利子が付く仕組みです。
たとえば、年利7%で100万円のお金を貸したとします。このとき、単利であれば1年後に100万円の7%である7万円を利子として受け取ることができます。そして、2年後にはまた7万円、3年後にはまた7万円といったように、毎年7万円を受け取ることができます。つまり10年繰り返すと7万円×10年で70万円が手に入るということですね。

複利の場合は少し違います。1年後に100万円を受け取れるのは単利と一緒ですが、2年後からはもらえるお金が増額します。2年後は、100万円に7万円をプラスした107万円の7%である74,900円を受け取れます。3年後は、107万に74,900をプラスした1,144,900円の7%である80,143円を受け取れます。この調子で複利を続けると、10年後には96万円ほどのお金を得られます。(小数点を切り捨て)

年利が7%であれば、単利とくらべて26万円多い金額を受け取ることができます。10回分の運用をくりかえすだけでこれほどの差が生まれるわけですから、20回,30回と繰り返せばさらに凄まじい金額となります。

つまり何が言いたいかというと、年利ではなく月利で複利10%を実現できるジュビリーエースって凄いですよねってことです笑

それでは、6月28日時点でのジュビリーエース投資日記をご紹介します。

ーー20年6月28日までの収益ーー

【運用額(ジュビリークレジット】
16600ドル(1792800円)から変化なし
※キャンペーンによって、一時的に2300ドルが加算されて18900ドルになっている

【収益(現金クレジット&登録クレジットの増加量)】
登録クレジット

…262.92ドル⇒266.92ドル(4.00ドルの増加
現金クレジット
…1406.64ドル⇒2177.68ドル(771.04ドルの増加

今回得た収益…775.04ドル

【今までのまとめ】
投資期間

…2019年7月15日~2020年6月28日(11か月半)
使った金額…7600ドル=820800円
合計の収益
…10044.04ドル=1084756.32円
収益の回収率:
132.2%

今のところ、収益は全て運用に回しているので、実際に手元へ引き出したお金はありません。
収益が分かりやすいように、1ドル=108円で統一して計算しています。
※1ドル=108円は、投資を始めた当初のレート

【20年6月19日時点でのウォレット】

【20年6月28日時点のウォレット】
最終的に収益が出た直後の様子。
現金クレジットは計771.04ドルの増加、登録クレジットは計4.00ドルの増加。
※ジュビリークレジットは、キャンペーンによって一時的に18,900ドルとなっている

ジュビリーエースは使ったお金を安定して増やすことができるので、”資産運用の手段”として注目を集めています。手元に余らせている財産があるならば、ジュビリーエースで増やしてみるのもアリだと思います。メール講座でも詳しい話をお伝えしているので、興味あるならそちらものぞいてみてください。

いまはまさに、”先行者利益”が得られるタイミングです。要するに、「今がチャンス」ということですね。

投資日記やジュビリーエースに対して、気になる点・疑問点などがあれば、ページ一番下の問い合わせリンクからご連絡してくださいね。それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

【おススメ記事】
ジュビリーエース創業者”ボビー氏”とは、いったい何者なのか!?
ジュビリーエースの”期限”について解説

”資産運用”としてみた時のジュビリーエースについて

【管理人のプロフィール】
こちらは管理人ヒロマサのプロフィールです。よければこちらもお願いします。
管理人ヒロマサのプロフィール
ヒロマサが過去、投資に失敗した時の記事

【連絡ページのご案内】

  • 「ジュビリーエースについて聞いたことがあるけど、まだ不安がある方」
  • 「興味はあるけどその実態がよく分からない方」
    など…どんな方でもお気軽にご連絡ください。

↓下のボタンから、連絡ページへ飛ぶことができます。