ヒロマサです。

この記事では、「ビットクラブ投資日記」のメインコンテンツである、「ビットクラブ」についての詳しい解説をしていきます。

”ビットクラブ投資”において最も魅力的な要素が、記事タイトルにもなっている”再購入”です。
再購入を使いこなすことで、「半永久的にビットコインが手に入る」といわれており、これこそがビットクラブにおける最大のメリットと言えます。

しかし、実際にはマイニング量の少ない状況が続いており、
「再購入してもマイニングプールは大きくならないんじゃないか?」
「本当に、再購入で半永久的に稼げるのか?」
そんな疑問がわいているかもしれません。

そんな方へ向けて、
「再購入によって、生涯にわたって収益を得る方法」
について解説させていただきます。

この記事は、

  • ビットクラブ投資を始めたけれど、儲かるのか疑問に思っている人
  • ”権利収入”が欲しいと思っている人

に対しておススメの記事です。もしあなたが当てはまるのであれば、これからの内容をしっかりとお読みになってくださいね。

再購入のおさらい

まずは、再購入についておさらいします。再購入とは、いわば”複利”のことです。複利とは、「投資で得られたお金を再び投資へ回すこと」を意味します。つまり、投資へ回せる金額がどんどん増えていくので、そのぶん得られる収益が増大していくわけです。

ビットクラブ投資とは、”マイニングプール”と呼ばれるマイニング用の機械を購入する投資です。その機械が稼働することにより、毎日ビットコインが手元に入る仕組みになっています。

再購入の場合は、得られたビットコインを”マイニングプール”を買い足す費用として使うので、得られるビットコインが増大していくわけです。そして、再購入を解除したら手元に収益としてビットコインが入ってくるようになります。

この時、プールから得られる収入の半分を再購入に、もう半分を収入として手元に出すことができます。そうなったら、「プールを拡大させながら、収入を得続けられる」状態となります。この状態になったら、半永久的に収入が入ってきます。収入の金額によっては、ビットクラブだけで生活できるようになるかもしれません。

ここまで聞いたら、
「再購入ってすごいんだな…!」
と思いますよね。

ですが2019年8月現在は、そんなに楽観視できる状況ではありません。ここから、”再購入”や”ビットクラブ”の現状についてお話ししていきます。

ビットクラブ”再購入”の現状は?

ビットクラブのマイニング量は減少し続けています。2018年初頭と比べて2019年8月現在は、およそ100分の1まで低下しているのを確認しています。つまり、投資としてはかなり厳しい状況と言えるでしょう。

そして、再購入についても厳しい状況へおちいっています。なぜかというと「再購入は、得られた収益を再投資する仕組み」なので、収益が減ることによって再購入に使うお金が無くなってしまうからです。

もともと、ビットクラブがすごいといわれていた理由は、この”再投資”の仕組みがあったからです。マイニングプールには1000日の使用期限があるため、本来であれば始めてから1000日後に投資は終了してしまいます。しかし、得られた収益を再投資へ回すことで、マイニングプールは少しずつ増えていきます。

そのため、1000日の期限を迎えるころには、プールのサイズは2倍・3倍と大きくなっており、「半永久的に収入が得られるはずでした。しかし、今の状態ではプールのサイズを大きくするどころではありません。果たして、これからビットクラブ投資はどうなってしまうのでしょうか。

これからのビットクラブ、再投資のゆくえ

マイニングは、最初にプールを購入してから1000日で終了します。つまり、今の状況で投資をしたとしても大した稼ぎにならずに投資が終了してしまいます。では、今マイニング投資へ取り組んでいる人が再購入で稼ぎ続けるのは不可能なのでしょうか?

…そんなことはありません。
やり方を工夫すれば、再購入の仕組みを活用して大きな収益を上げることができます。重要なポイントがいくつかあるので、章を分けてご説明します。

ポイント①:ビットコイン価格が高いタイミングでマイニングする

ビットコイン価格が高いか、安いかによって、マイニングでの儲けは”大幅に”変わってきます。どれくらい変わるかというと、ビットコインが2倍になることで儲けが数十倍まで跳ね上がるのです。どういうことかというと…

まず前提として、マイニングによってビットコインを得られたとしても、その全てが自分の利益になるわけではありません。マイニングをするためには、マイニング用の設備を維持するために”ランニングコスト”が必要となるのです。

そのためマイニングで得られた収益は、まずはランニングコストのために使用されます。そのあとに残ったお金が、報酬として分配されるのです。この場合、ビットコインの価格によって、得られる報酬が変わってきます。下に、ビットコイン(BTC)が50万円と時と、100万円の時の違いを解説した図を用意したのでご覧ください。

報酬が増えると、再購入のために使うお金が増えます。つまり、ビットコイン価格が高いときにマイニングすれば、再購入によって「半永久的に収入が得られる」レベルで、マイニングプールが大きくなっていくのです。

ビットクラブの投資は、「一時停止」ボタンによってマイニングを停止させることができます。停止させている間はマイニング期限が減りませんので、ビットコイン価格が安い間は、ずっと停止させるのがいいでしょう。

ポイント②:マイニング量が多いタイミングでマイニングする

ビットコイン価格が高いからと言って、マイニング量そのものが少なければ儲けにはなりません。2019年8月現在の状況を言うと、すでにビットコイン価格は十分に高いと言えます。現在の問題点は、「ビットクラブのマイニング量が少ない」ことです。

直近24時間で、誰がどのていどマイニングしているかを見れるページがあります。下の円グラフが19年8月15日のマイニング実績となります。

blockchain.infoより引用

ビットクラブのマイニングシェアは0.5%です。いくらビットコイン価格が高くなっても、そもそも得られているビットコイン量が少ないと儲けることはできません。

だいたいの目安ですが、4%を超えるくらいの量でなければ、儲からないと考えていいでしょう。マイニング量が少ないのは、ビットクラブの保有しているマイニング設備があまり稼働していないからです。別の記事でも解説していますが、2019年末頃にマイニング量が回復するとのことなのでそれまではじっくりと待機しましょう。

再購入はいつまで続けられるのか?~まとめ~

ここまでのお話を整理してお伝えします。

【そもそも再購入とはなにか?】

  • ”複利”のこと
    複利…投資で得られたお金を再び投資へ回すこと
  • 得られたビットコイン収益を、”マイニングプール”を買い足す費用として使う
  • マイニングプールがどんどん大きくなり、収益が増大していく
  • マイニングは本来1000日で終了するが再購入なら半永久的に続く
    ⇒将来にわたって、”権利収入”としてのビットコインが得られる

【再購入の現状について】

  • 楽観視できる状況ではない
  • ビットコイン収益が減少しており、再購入のペースが落ちている
  • 現状のペースだと、1000日経ってもマイニングプールが小さいままになる
    ⇒マイニングが1000日足らずで終了する

【再購入で”権利収入”を得るためには?】

  1. ビットコイン価格が高いタイミングでマイニングする
    ビットコイン価格が2倍、3倍と上がれば、再購入のペースは数十倍へ跳ね上がる
  2. ビットクラブのマイニング量が多いタイミングでマイニングする
    マイニングシェアが、大体4.0%を超えるくらいでなければ儲からない
  3. マイニングの「一時停止」機能を活用すること
    マイニングを止めておけば、1000日の期限を減らさずに済む
    ①と②の条件を満たすまで、一時停止させておくこと

改めて言いますが、ビットクラブの再購入には大きなポテンシャルがあります。どの程度のポテンシャルかというと、「再購入することで、生涯にわたって収益を得続けられる」くらいのポテンシャルです。

しかし、いくら再購入がすごいといっても、使いこなせなければ何の意味もありません。
・ビットクラブは終わった
・そんなうまい話があるわけない

いろいろ言う人はいますが、まずはご自身の目で冷静に見てみることを勧めます。再購入で得られる”権利収入”は、普通の生活では決して得られないものです。”権利収入”があれば、自由なライフスタイルを手にすることも可能となります。

もしも、今の生活をもっとよくしたい自由になりたい、そんな思いがあるならば”ビットクラブの再購入”を活用してみてはいかがでしょうか^^

本ブログではこのように、ビットクラブを始めとした「ビットコインを活用した投資情報」をコンテンツとして提供しています。あなたの興味ある情報がたくさんあると思いますので、他の記事もご覧になってみてくださいね。

【おススメ記事】
ビットクラブの報酬が激減中!?これから稼げるのか?
「自由」が手に入る。”権利収入”について解説
ビットクラブは怪しい投資?詐欺じゃないの?

無料メルマガの紹介(登録の特典あり)

こちらは管理人ヒロマサのプロフィールです。よければこちらもお願いします。
管理人ヒロマサのプロフィール

なにか分からないことがあれば、遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせリンク