ヒロマサです。

今回の記事は、仮想通貨の中でもビットコインに焦点を当てたものです。ビットコインを得るための「マイニング」という方法に関してご紹介していきます。「マイニング」を正しく理解すれば、継続して一定のビットコインを得ることができます。

つまり、あなたが何もしなくても、自動的に安定した収入が入ってくるということです。

「話がうますぎる・・ 怪しい!」と感じるかもしれませんが、 この記事を読んでいただければ、「あーなるほど!」とワクワクしてもらえるはずです!
そんなすごい可能性を秘めたマイニングに関して、詳しく説明していきますね。

マイニングってなに?

マイニングとは、「採掘」という言葉を英語にしたものです。採掘という言葉からは、鉱山から金銀財宝を掘り出す様子が連想されるかと思います。

つまり「ビットコインのマイニング」とは、「ビットコインを採掘する」という事です。この説明だけですと、まだイメージが湧きにくいと思いますので、少し身近な例を出してみますね。

ビットコインを、銀行で発行している一万円札と置きかえて考えてみてください。一万円札は、日本銀行という日本のお金を発行するための政府の銀行から発行されています。日本銀行から発行された紙幣は、世の中に出回って日本の経済を回しています。

さて、ここでひとつ、疑問がわいてきます。もし、無限に紙幣を発行したら、どうなるのでしょう?日本全体に大量の紙幣が出回って、日本は大金持ちだらけの国になるのでしょうか?

・・・答えはNOです。
実際にそんなことをすると、出回った紙幣の価値が急落して、一万円札がほとんど価値のないただの紙切れになってしまいます。

少し分かりにくい話かもしれませんが、紙幣は「希少価値」、つまり「めずらしい」からこそ価値を保っています。無限に発行されて「希少価値」のなくなった紙幣に、価値はありません。

ビットコインの場合も同じです。無限に発行されると価値が無くなってしまうのです。そのため、発行数に制限を設けたうえで、一定の手続きを経て発行されるようになっています。これを踏まえて、ビットコインにおける具体的なマイニングの話に入っていきます。

ビットコインはどのように発行される?

まず基本的な話ですが、ビットコインを入手する方法は以下の2種類です。

①両替

円やドルを始めとする、すでにある通貨を両替して入手する方法です。つまり、円やドルをビットコインに変えるということです。

それをやるには、取引所へ自分用の口座を開設して入手することとなります。仮想通貨トレードをされている方は、この「両替」を繰り返すことによって収益を得ています。

「両替」に関しては、比較的イメージしやすいのではないでしょうか。海外旅行に行く際に、円をドルへ両替するのと同じことですね。ただ、仮想通貨の場合は電子上のデータですので、インターネット上で両替の手続きを行うこととなります。

②マイニング(採掘)

先ほども少し触れた「マイニング」が、ビットコインを入手するもう一つの手段となります。ある一定の手続きを踏むことにより、電子上でビットコインが発行されて入手することができます。イメージとしては、鉱山から宝石を採掘するのと同じです。

「採掘」と言われても意味がわからないかもしれないので、もう少し深く解説しますね。2009年に世の中に現れたビットコインは、実は最初の時点で発行される上限枚数が決められています。

その上限枚数とは、2100万枚です。(21,000,000BTC)2100万枚発行されたら、新しく発行することはできなくなります。上限が定められている理由は、先ほども言ったように「価値が落ちるのを防ぐため」です。

では、ビットコインはどのような手続きを経て発行されるのでしょうか?ビットコインの発行方法には、以前の記事で載せたブロックチェーンの仕組みが深くかかわっています。
ブロックチェーンに関してはこちらの記事を参照

ブロックチェーンの仕組みを維持するには、取引のデータを電子上へ記帳する作業が必要となります。この記帳作業は、ネットワーク上でやりたい人が集まって、自発的に行われています。

記帳をする際にはコンピューターの機能をフルに活用し、ハッシュ関数と呼ばれる計算式を解いていきます。
「計算式を解く=記帳の作業」ということです。

そして、この計算式を解く作業。これを行うと報酬が発生するのです。

もうおわかりですね。この報酬こそが、「ビットコイン」というわけです。10分に1回、世界中で最も多く計算作業を行った人物に対して、ビットコインが発行される仕組みになっています。要は、多くの計算を解くとビットコインをもらえるということです。
つまり「マイニング」とは、この「計算のこと」を指すのです。

マイニングを行うことにより、莫大なビットコインを得ることができるのです。

マイニングの始め方は?

マイニングを始めるには、大きく2つのパターンがあります。

自分でコンピュータを用意してマイニングする
マイニングマシンを持っている企業へお金を提供し、代わりにマイニングしてもらう

ただ、①の「自分でマイニングをする」に関しては大きな問題があります。ビットコインが生まれてからすでに9年も経過しており、世界中にマイニングのライバルがたくさん存在しているのです。
※ライバルというのは一個人のことではなく、マイニングを生業とする会社たちのことです。

10分に1回、最も多くの計算を行った人物(会社)へビットコインが発行されるわけなので、そのライバルたちよりも多くの計算をしなくてはなりません。はっきり言って、巨大なコンピュータを持つ企業相手に、個人のコンピューターで立ち向かおうなんて到底勝ち目のない話です。

つまり、①の「自分でコンピュータを用意してマイニングする」はまったくもって現実的ではありません。
すると必然的に、②の「マイニングマシンを持っている企業へ投資する」のが、いちばん現実的な方法となります。

この投資を簡単に行えるのが、本ブログで紹介している「ビットクラブ」です。ビットクラブとは、個人が投資してマイニング事業に参加することのできるサービスを提供している会社です。

ビットクラブについての最新情報は、他の記事やメルマガで発信していますので、詳しく知りたい場合はそちらものぞいてみてくださいね。
無料メルマガのご案内(特典付き)

※実際には、ビットクラブ以外にも個人が投資できる企業はありますが、最低資金が数千万くらい必要だったりするので、普通のアラサーリーマンが投資するならビットクラブがベストです。

ビットコインが本当に盛り上がっていくのはこれからです。大きく稼ぎたいのであれば、この機会を逃さずにチャンスをつかみ取ってくださいね。

いくつか、おススメ記事へのリンクを載せておきます。

【おススメ記事】
そもそもビットコインとはどんなものなのか?
ビットコイン価格に大きな影響を与える”半減期”の解説

こちらは管理人ヒロマサのプロフィールです。よければこちらもお願いします。
管理人ヒロマサのプロフィール

なにか分からないことがあれば、遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせリンク

ここまでお読みいただきありがとうございます。次回の記事でまたお会いしましょう。