こんにちは、独身サラリーマンのヒロマサです。

    突然ですが、あなたは”権利収入”のことはご存知ですか?以前、このブログでは”権利収入”についての記事を書かせていただいたことがあります。
    権利収入について解説した記事

    記事を読めば分かるとは思いますが、権利収入とはいわば自由が手に入る収入です。

    今回は、その権利収入について再び焦点を当てた内容となります。その内容とは、タイトルにもある通り「ビットコインを権利収入として得ることのできる投資」についての解説となります。その投資とはズバリ、さいきん話題のJUBILEE ACE(ジュビリーエース)です。
    ※以下、ジュビリーエースは”JA”と表記

    ”ビットコインを権利収入として得られる”と聞いて、イメージがピンと湧くでしょうか?ぶっちゃけ、それが本当ならば欲しくない人なんかいないんじゃないかと思います。

    • 本業とは別に副収入が欲しくて、優良な投資先を探している人
    • 投資の対象として、ビットコインに興味がある人
    • JAへの投資を検討中の人

    もしあなたがどれかに当てはまるのならば、ぜひ記事へ目を通してみてください。この話が本当なのかどうか、その真相について解説させていただこうと思います。

    そもそも、権利収入ってどんな収入だっけ?

    まずは、権利収入がどんな収入なのかをおさらいしてみます。権利収入のことを知るためにはまず、対となる”労働収入”のことを理解する必要があります。

    ”労働収入”とは、「費やした労力に対して対価が支払われる仕事」のことです。一般的に、”仕事”と言われてイメージされるものは、基本的には”労働収入”です。労働収入の特徴としては、

    • 「労力の量と、収入が比例する」
    • 「労力を費やした分だけ収入が増え、辞めた時点で収入が止まる」
    • 「収入を得るまでのハードルが低い」

    等が挙げられます。それに対して、”権利収入”はどのような収入なのでしょうか?

    権利収入とは、「自分の労力ではなく、権利に対して支払われる収入」のことです。具体的に例を挙げると、

    • 不動産に対して払われる家賃
    • 自身の作品(本など)に対して支払われる印税
    • 株主に対して支払われる配当金

    こういったものが権利収入の例として挙げられます。これらは、労働収入と比べてまったく反対の性質を持っているのが特徴です。

    • 「労力の量と、収入が比例しない(とはいえ、労力無しで得るのは難しい)」
    • 「ある程度の収入が得られるようになれば、働かなくても収入は続く」
    • 「最初に収入を得るまでが大変」

    見事に労働収入とは逆の性質を備えています。権利収入はよく、「スコップで自分の家まで水路を掘ること」に例えられます。

    水路が開通するまでのあいだは、一切水を得ることができません。しかし水路が開通したならば、労力をかけなくても自動的に自分の家へ水が流れてきますよね。

    権利収入を得るまでは時間がかかりますが、一度得られたら後はラクです。権利収入の仕組みを維持するための努力は必要ですが、労働収入に比べたら大した努力ではありません。

    働く時間も、遊ぶ時間も、すべてが自分の思うとおりになります。体調を崩したら好きに休むことができますし、やろうと思えば長期の休暇を取ることができます。

    つまり、大きな努力をしてでも得る価値のある収入なのです。

    ”ビットコインを得られる”ってどういうこと?

    もしかすると、”ビットコインを得る”のイメージが湧きづらいかもしれませんね。そのため、「そもそもビットコインとは何なのか」について、簡単におさらいしますね。

    基本的に、ビットコインのことは”円”や”ドル”といった通貨と同じものだと考えて問題ありません。ビットコインとはいわば、”電子上で使える、現物の無いお金”のことです。
    ※現物:紙幣や硬貨など

    ここまでお話しを聞くと、
    「LINE PAYや、SUICAなどの電子マネーと同じようなものかな?」
    と思うかもしれません。ですが、その解釈は少し違います。SUICAの単位はあくまで”円”であり、値動きすることはありません。

    SUICAを1万円持っていたらといって、1年後に2万円になることは無いですよね?SUICAはあくまで、日本円の一種なのです。

    それに対して、ビットコインは全くの別物です。ビットコインの単位は”BTC”であり、”円”との交換比率が存在しています。(例:1BTC=80万円)

    そして、その交換比率はリアルタイムで変動し続けています。つまり、日本円とは違う新たな外貨と考えれば、理解しやすいかと思います。

    JAは権利収入が得られるのか?

    タイトルにも載せたように、JAは「ビットコインを権利収入として得られる投資」なのです。もし本当にそうなら最高ですよね。

    なぜ権利収入になるのか?解説するために、まずはJAで利益を得るまでの流れをおさらいします。

    【JA(ジュビリーエース)で利益を得る流れ】

    JAで自分のアカウントを作成する

    自分のアカウント内へお金を送金する
    ※送金するお金はビットコイン

    自分のアカウント内で、運用の操作を行う
    ※5~6日に1回、運用の機会がある

    5~6日後にビットコインを得られる

    以上が、JAで利益を得るまでの流れとなります。自分が行う作業は、「アカウント内への入金」と「5~6日に1回の操作」のみです。ほぼ労力をかけていませんよね。

    「労力をかけずに得られる収入=権利収入」というわけです。しかも、得られるお金はビットコインです。これから先、大きく伸びると予想されているビットコインをいち早く手にすることができるのは大きなメリットですよね。さらに、JAは”絶対に負けない”ことがウリですから、継続的に安定して利益を伸ばしていくことが可能です。

    ”権利収入”に対して、一般的には「お金持ちしかもらえない収入」「一部の特別な人しかもらえない収入」というイメージが染みついています。しかしJAであれば、投資した人全員”権利収入”を得ることができるのです。

    JAが、なぜ”絶対に負けない”と言い切れるのか?ビットコインを得られることがなぜメリットなのか?そういった踏み込んだ情報については、他の記事やメルマガでも配信しています。関心があればそちらもご覧になってみてください。⇒無料メルマガのご紹介(ページの下部にメルマガ案内有り)

    ビットコインを権利収入として得られる仕組みについて~まとめ~

    今回の記事では、ビットコインを権利収入として得ることができる仕組みについてお伝えしてきました。ここで、お話ししてきた内容についてまとめてみようと思います。

    【そもそも権利収入ってどんなもの?】

    • 自分の労力ではなく、権利に対して支払われる収入
      …不動産で得られる家賃、作品に対する印税など
    • 労力に対して支払われる”労働収入”と対をなすもの

    【権利収入の特徴】

    • 労力の量と、収入が比例しない
    • 収入を得られるようになりさえすれば、働かなくても収入は続く
    • 働く時間も遊ぶ時間も自分の思い通り
    • 体調が悪ければ仕事を休むのも自由

    【ビットコインを得られるってどういうこと?】

    • ビットコインは、”ドル”や”ユーロ”のような外貨と同じようなもの
    • 紙幣や硬貨はなく、電子上でのみやり取りができる
    • JAで得られた利益は、ビットコインとして受け取ることができる

    【JA(ジュビリーエース)の収入形態について】

    • 労力をかけずに、一定のペースで利益が増え続ける
      権利収入
    • 得られた利益は、ビットコインとして配られる
    • つまり、JAは「ビットコインを権利収入として得られる投資」と言える

    ここまでが、JAの収入形態についての解説となります。中々メリットを感じられるお話しだったんじゃないかと思います。ビットコインを稼げる手段なんて他にほとんどありませんし、それが権利収入として得られるのは嬉しいですよね。

    「終身雇用は崩壊した」と言われるようになってから、かなりの年数が経ちましたよね。今の会社でずっと給料をもらえるかどうかが分からない以上、別の収入源を確保しなければなりません。そんななか、権利収入の得られるJAは有力な選択肢なんじゃないかと思います。

    JAについて「興味があるな…」と思うのであれば、こちらのページものぞいてみてください。ジュビリーエースを始めるための具体的な手順を公開中です。
    ジュビリーエースを始める手順

    以上が、”ジュビリーエースの収入”に関する解説となります。
    ここまでお読みいただき、どうもありがとうございました^^

    【おススメ記事】
    ジュビリーエース創業者”ボビー氏”とは、いったい何者なのか!?
    ジュビリーエースの創業者セミナーへ参加した時の体験記
    ジュビリーエースの”期限”について解説

    「必ず稼げる」と評判の投資”ジュビリーエース”についての解説

    こちらは管理人ヒロマサのプロフィールです。よければこちらもお願いします。
    管理人ヒロマサのプロフィール

    なにか分からないことがあれば、遠慮なくお問い合わせください。
    お問い合わせリンク