ヒロマサです。

今回は、2018年11月現在に発生している”ビットコインの暴落”に関するお話しです。1BTCあたり40万円台まで値段が下がっており、まさに”暴落中”といった感じです。
(もしかしたら、この記事が公開された後、さらに値段が下がっているかもしれません)

なぜこんなことが起きているのか?
この暴落に対して、私たちはどんなアクションを取ればいいのか?
これからビットコインはどうなっていくのか?

さまざまな疑問がいているかと思います。今回は2018年11月のビットコイン暴落についてしっかりと考察し、今後の動き方を決めるうえでのヒントになるような記事となっています。

それでは解説していきますね。 

ビットコイン暴落の原因は?

ビットコイン価格は、2018年初め頃には1BTCあたり200万円くらいで推移しており、1月に発生した”コインチェックのNEM流出事件”をきっかけに100万円くらいまで値段を落としていました。

その後、2018年11月15日までは、少しずつ上下しながらも70万円~90万円くらいで推移していました。しかし、2018年11月16日のタイミングで値段の暴落が発生し、40万円台まで値段を落としています。

つまり、11月16日にビットコインが暴落するような現象が起きたのです。一体なにがあったのか?

暴落のきっかけとなった現象はズバリ、「ビットコインキャッシュのハードフォーク」です。ビットコインキャッシュ(BCH)は仮想通貨の一種で、名前を聞いたことがあるかもしれませんね。
ビットコインキャッシュとは?

“ハードフォーク”という言葉は、なかなか聞きなれないのではないでしょうか。この言葉について簡単にご説明します。“ハードフォーク”とは、シンプルに言うと、“仕様が変更された”ということです。

スマホを使っていれば、たまに“アップデート”していますよね?

 

あれと同じことと考えれば分かりやすいかと思います。つまり、ビットコインキャッシュがハードフォークされたことによって、仮想通貨を持っている人たちに不安が広がり、売りが発生したり買い渋りが発生したということです。

そのせいで、ビットコインを始めとする仮想通貨全体が、暴落しているわけです。

ビットコイン価格は今後どうなるのか?

あなたが一番気になっているのは、「ビットコイン価格が今後どうなるのか」だと思います。本ブログで紹介しているビットクラブ投資も、ビットコインの価格が下がってしまっては意味ありませんからね。
ビットクラブ紹介記事

先のことは誰にも分からないので、“私の考察”という形になってしまいますが、大きく以下の2パターンが考えられます。

パターン①:仮想通貨市場が縮小していく

まず最初に考えられるのは仮想通貨市場がこれから縮小していくというパターンです。2018年11月時点から考えると、仮想通貨のピークは2017年12月~2018年1月の期間でした。この期間は、ビットコイン価格が200万円まで上昇し、資産が1億を超えた“億り人”が発生しました。

しかし、直後に値段が70万円まで下がり、今となっては40万円台まで値段が下がってしまいました。この流れを考えると、「仮想通貨の価値が無くなってしまうのでは?」という気持ちになってきますよね。

今起きている暴落の勢いしだいで、仮想通貨の価値が無くなる可能性もあるように思います。

パターン②:暴落が終わった後、仮想通貨が高騰する

もうひとつ考えられるパターンは、暴落が落ち着いてから仮想通貨全体の価格が上がっていくパターンです。FXや株式取引でも言えることですが、市場が暴落した後には高騰が発生する可能性があります。

「そんなことあるわけないだろ!」という声が聞こえてきそうですので、根拠をお話ししますね。そもそも、仮想通貨の値段が上がったり下がったりするのはなぜでしょうか?

それは、大昔から存在している市場の原則なのですが、「物を欲しがっている人が増えると値段が上がり、減ると値段が下がる」からです。

現在、ビットコイン価格は暴落中ですので、ビットコインを欲しがっている人が減っているということを意味します。つまり、「多くの人がビットコインを売っている」ことを意味します。

なぜこの状態から、ビットコインの高騰が起きると言えるのでしょうか?
それは、安くなったビットコインの価格を見て、「今がビットコインを買うチャンスだ!!」と判断する人がいるからです。
もしくは、今までビットコイン投資をしてなかった人が、新たに参入してくる可能性も高いでしょう。


そうなった場合、ある程度まで値段が下がった後に、急激な値段の上昇が発生することになります。

ビットコイン価格変動の流れ

ここまでの流れを一度整理してみます。

【2017年12月】
ビットコインの価格が200万円を超えて、多くの”億り人”が発生する

【2018年1月末】
”コインチェックによるNEM流出事件”が発生し、ビットコインが100万円くらいまで下落する

【2018年11月15日まで】
70万円~90万円くらいの範囲で推移し続ける

【2018年11月16日以降】
ビットコインキャッシュのハードフォークによって、ビットコインや仮想通貨全体の価格が暴落中
ビットコイン価格は、11月25日現在で42万円程度

その後、以下の2パターンが考えられる

パターン①:仮想通貨市場が縮小していく
パターン②:暴落が終わった後、仮想通貨が高騰する

以上が、暴落中のビットコインに関する流れとなります。

ビットコインは今後どうなるかについて考察 

では、この流れをふまえて、今後ビットコインはどうなってしまうのか?未来のことは誰にも分からないので、実際どうなるかは不明です。

ただ、これまでいろいろと投資を経験してきた身から個人的な考えをお伝えすると、私はこの状況をかなり楽観的に考えております。

ビットクラブ投資をしているので、ビットコインの値段が下がると困るのですが、そのうち高騰するだろうなと考えています。そう考える理由は、ビットコインを使うための環境が整ってきているからです。

理由として、すでに日本の法律で「ビットコインはお金である」と認められています。また、全世界中で「ビットコインや仮想通貨のATM」がたくさん作られています。さらに、仮想通貨による支払いが可能なお店もどんどん増えています。

世界中でこれだけ多くの動きが起こっていて、「ビットコインが無くなってしまう」のはあまり考えにくいです。

また、ビットコインに興味があったけど乗り遅れてしまった人にとっては、この状況は新規参入するチャンスとも言えます。これから栄えていく可能性の高いものに対して、値段が下がっているタイミングに参入するというのは理にかなった考え方ですよね。

しかし、もちろんリスクがあることは事実ですので、ご自身で様々な情報を集めて、しっかりと判断していただくのがいいかと思います。

この記事を、そういった判断材料の一つにしていただければ幸いです。また、当ブログでいくつもビットコインに関連した記事を書いていますので、いろいろと目を通してみてください。

【おススメ記事】
ビットコインとはどんなもの?
ビットクラブは今後どうなる? 

【投資の方法や必要なマインドについて、有力な情報をメルマガで配信中】
無料メルマガのご案内(特典付き)

わからない部分や不安な部分も、お問い合わせいただければすべてお答えします。
いつでもお気軽に質問してくださいね。

お問い合わせリンク

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回もまた、ぜひいらしてくださいね。