ヒロマサです。

今回の記事では、”仮想通貨””暗号通貨”の意味とそれぞれの違いについてお話しさせていただきます。まず、2019年の時点で”仮想通貨”という言葉は、ある程度世の中へ浸透していますよね。

ただし、”仮想通貨”の説明ができる人はまだまだ少ないかもしれません。さらに言えば、”仮想通貨””ビットコイン”の違いを説明できる人も中々いないのではないでしょうか?

そのような、微妙な言葉の違いについて、あなたが疑問に思っていることをクリアにできるようなお話しをしたいと思っています。ビットコイン投資に興味があるのでしたら、細かな疑問は早めに解消した方がいいですもんね^^

それでは、どうぞお付き合いください。

そもそも、”仮想通貨”と”ビットコイン”ってどう違う?

”仮想通貨”とは、インターネット上に存在している通貨のことであり、いくつもの種類があります。そして、”ビットコイン”は数ある仮想通貨の中の1つなのです。

数え切れないほど存在している仮想通貨のなかで、「初めて生まれた仮想通貨がビットコイン」なのです。
一番メジャーな仮想通貨と言うことができるでしょう。

2019年現在では、ビットコインの考え方を基にして多くの仮想通貨が世の中に生み出されています。メジャーどころでは、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュといった仮想通貨があり、それぞれが凄まじい時価総額となっています。

いくつか参考ページもあるので、よければそちらもご覧になってみてくださいね。
ビットコインとは?
イーサリアムとは?

仮想通貨と暗号通貨のちがい、そして”暗号資産”とは?

まずは、仮想通貨と暗号通貨の違いについてお話ししますね。いきなり結論を言いますが、”仮想通貨”と”暗号通貨”はまったく同じ意味です。

ただし、使われる場面が少し違いますので、詳しくご説明していきます。

暗号通貨とは?

そもそもなぜ”暗号通貨”と呼ばれているのでしょうか?”暗号通貨”というのは、ビットコインやイーサリアムなどに対して使われている技術に注目した呼び方です。

たとえば、ビットコインを自分のウォレット(口座のようなもの)に10BTC保管しているとしましょう。その時点で、自分のウォレットは”ブロックチェーン”と呼ばれる画期的な”暗号技術”によって守られます。

ブロックチェーンに守られている限り、どれだけ優秀なハッカーだとしてもビットコインを盗み出すことは不可能です。(不可能だと断言できるレベルで守られています)

ただし、もしかするとこんな疑問が生じるかもしれません。
「少し前に、”暗号通貨が盗まれた”っていう事件が起きたんじゃなかったっけ?」

この疑問へお答えしますが、今まで起きた事件は「取引所へ預けていた暗号通貨が盗まれた」だけであり、暗号通貨そのものの技術に問題があったわけではありません。あくまで、「取引所のセキュリティ対策に問題があった」というお話しなのです。

話を戻しますが、ブロックチェーンと呼ばれる暗号技術が使われていることから、”ビットコイン”や”イーサリアム”といった電子上の通貨は「Crypto Currency」と呼ばれるようになりました。
「Crypto Currency」を直訳すると、”暗号通貨”となります。

これが、”暗号通貨”と呼ばれる理由です。次の章では、”仮想通貨”という呼ばれ方についてお話しします。

仮想通貨とは?

”仮想通貨”は最もメジャーな呼びかたですが、なぜそう呼ばれだしたか、明確な理由を調べだすことはできませんでした。どうやら、自然と”仮想通貨”という呼び名がついたようです。インターネットという「仮想の空間」にある「通貨」と考えれば、なんとなくイメージしやすいですもんね。

つまり、暗号化の技術へ注目した時は”暗号通貨”と呼び、そうでない場面における一般的な呼び方が”仮想通貨”ということです。

次の章では、”暗号資産”という言葉についてお話ししていきますね。

聞きおぼえのない言葉”暗号資産”とはなんのこと?

”暗号資産”とは、仮想通貨の「法令上での呼びかた」です。どういうことかと言いますと…

2018年の12月に、金融庁が「仮想通貨の呼びかたを”暗号資産”に変える」と発表しました。さらに、2019年3月には、実際に法案が可決されて、「法律上の呼びかたが”暗号資産になりました。」

つまり、”仮想通貨”の正しい呼びかたは”暗号資産”である、と考えて問題ありません。
(とはいえ、”仮想通貨”のほうがよく知られた呼びかたなので、そちらのほうが使いやすいとは思います。)

なぜ、呼びかたが変えられたのでしょうか?
まず、「仮想通貨の使い道が増えており、より適切な呼びかたをしよう」といった考えが世界に広がって来たという背景があります。

そのうえで、「仮想通貨って、実際の”通貨とは別のもの”でしょ?」といった声が広がるようになりました。
※実際の通貨=日本円やドルのような通貨のこと

そういった理由から、呼びかたが”暗号資産”になりました。”仮想通貨”は値段の上下が激しすぎて、普通の通貨と同じように扱うのは無理があると判断されたわけです。

「”仮想通貨の業界”はまだまだ不安定である」ことを象徴するようなエピソードと言えるでしょう。ただし、本ブログでは読者の皆さんへ伝わりやすいように、これからも”仮想通貨”の呼びかたを続けていこうと思います。

まとめ

”仮想通貨”の呼びかたについてまとめてみます。

【仮想通貨とビットコインの違いは?】
”仮想通貨”とは、インターネット上に存在している通貨のことであり、いくつもの種類がある。
そして、”ビットコイン”は数ある仮想通貨の中の1つ。

【暗号通貨と呼ぶのはどんな時?】
”暗号通貨”とは、使われている技術に注目した呼びかた。
自分のウォレット(口座のようなもの)は”ブロックチェーン”と呼ばれる”暗号技術”によって守られている。
そういった暗号技術が使われていることから、”暗号通貨”と呼ばれる。

【仮想通貨と呼ぶのはどんな時?】
”仮想通貨”とは世の中に広がっている最もメジャーな呼びかた。
”仮想の空間”であるインターネット上にある”通貨”だから仮想通貨と呼ばれる。
人と話をするときは、この呼びかたをした方が伝わりやすい、

【暗号資産と呼ぶのはどんな時?】
”暗号資産”とは法律で決められた正しい呼びかたのこと。
「仮想通貨は通貨じゃないでしょ」といった声が広がったことで、この呼び名が決まった。

今回の記事では、”仮想通貨”や”暗号資産”といった言葉の違いについてお話ししてきました。ビットコイン投資に興味がある人がなかなか始められない理由の一つに、こういった「言葉の分かりにくさ」があります。
言葉が分かりにくいせいで、「ビットコインって難しそうだな…」といったイメージを持ちやすいのです。

しかし、実際にはなにか新しいことを始めるときに知識を完璧にしておく必要はありません。やりながら覚えていくことによって、知識の定着も早まっていくものです。

このブログでは、そういった知識を身に着けるうえで役に立つような記事や、無料メルマガなども提供しています。
さまざまなコンテンツを発信していますので、ぜひとも役立ててくださいね^^

【関連記事】
ビットコインとはなにか?
ビットコインの”ハッシュレート”について解説

こちらは管理人ヒロマサのプロフィールです。よければこちらもお願いします。
管理人ヒロマサのプロフィール

なにか分からないことがあれば、遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせリンク

ここまでお読みいただきありがとうございます。次回の記事でまたお会いしましょう。