【4/9】ビットコインは短期売買にぴったりの時期なのか

21年4月9日の投資日記

外の景色もずいぶんと春らしくなってきましたね。

穏やかな春の日、散り始めた桜の花びらが鼻に入って、まさかのくしゃみ連発にまで発展したテルヒコです。

新手の花粉症なのかと本気で焦りました(;’∀’)

それでは、今回も投資日記をお送りしていきます!

取引銘柄【BTC/USDT】

今回は、4/9に行った2つの取引をご紹介します!

2つとも、銘柄は【BTC/USDT】の売買になります。

 

4/9 【BTC/USDT】
■エントリー
4/9 10:50、58,096(USDT)で「売り」
■利確
4/9 18:54、57,956(USDT)で「買い」
■結果
140(USDT)のプラス

プラスにはなったんですが、なかなか伸び切らずにほんのわずかな差しか取れませんでした……。

まあ、わずかでもプラスだから損するよりはだいぶマシですね!

チャートを見てみましょう。

 

<エントリー時のチャート(4時間足)>

<手じまい時のチャート(4時間足)>

エントリー時のチャートを見たときには、ポイントポイントで高値が切り下がってきていたため、下落トレンドに行く方向性を考えました。

しかし、手じまいチャートにある黄色い矢印の位置で上への反発を確認。

一気に下落しなかったため、ここから注文を「買い」に変更することに。

上の売買をササっと手じまって、新しく買い注文を入れました。

 

4/9 【BTC/USDT】
■エントリー
4/9 18:55、57,956(USDT)で「買い」
⇒保有継続中

 

2回目の取引については、まだ手じまいには至ってません。

がっつり下げてくるまで、しばらく保有してみたいと思います!

感想

投資日記を上げた4/9は、「非常に値動きが小さい状況」が続いています。

トレンドが続きそうかと思いきやすぐに終わったりして、せまい範囲で上下するような状態。正直かなりやりづらいです……。

こういった相場では、やっぱり1日や2日単位の長い時間をかけた取引はやりたくないですねー。

どちらに行くかまったく見当がつきませんし、そもそも値動きが小さくて利益も取りづらいですし(-_-;)

こういう日に売買するんだったら、やっぱり短期トレードで細かく取引するのがベストかなと思います。値動きの上側に来たら売る、下側に来たら買う、といった感じですね。

ただ、今回みたいにプラスが出てもわずかな数字なので、どうせこういった相場でやるならレバレッジトレード(持っている資金以上の金額で取引できる方法)を使って、ちょっとでも金額を大きくブッ込んでやりたいです(笑)

 

では、今回の投資日記は以上です。

投資初心者の方はフォローをどうぞ^^

おすすめの記事