ヒロマサです。

今回の記事では、このブログにておススメしているBitclub(ビットクラブ)投資において、どの程度の収益が出るのかをお話しします。ビットクラブ投資は、マイニングプールを購入することによって始めることができます。マイニングプールを購入した日から毎日、自動的にビットコインが増えていくというのがビットクラブの投資内容です。

  • 実際のところ、1日でどのくらいビットコインが増えるのか?
  • 1か月2か月と経った後、トータル収益はどうなっていくのか?

それをこの記事で検証していきます。

「ビットクラブは本当に生涯賃金を稼げる投資なのか?」という疑問に対して、リアルな数字を使って検証します。この記事を通して、ビットクラブで現実的にどのくらい稼げるのかを深く知っていきましょう!

※2019年4月15日追記
2018年10月時点のデータをもとに書き上げた記事ですので、2019年の状況とは違う部分があります。
あくまで参考程度に読んでみてくださいね。

Bitclub(ビットクラブ)でマイニング収益を得るには

ビットクラブは、自分で購入したマイニングプールに対して、毎日一定の量のビットコインをマイニングし続けることのできる投資です。
マイニングに関する記事

マイニングプールにはそれぞれ、500ドル・1000ドル・2000ドルの3種類のプールがあり、どのプールを買うかは自由に選ぶことができます。
マイニングプールに関する記事

500ドルのプールだけを購入した場合、500ドルのプールに対して毎日ビットコインが支払われます。500ドル・1000ドル・2000ドルの3種類全てを購入した場合、それぞれのマイニングプールに対して毎日ビットコインが支払われます。
もちろん値段の高いマイニングプールの方が、より多くのビットコインをマイニングによって得ることができます。

そもそも「ビットコインや仮想通貨がどんなものなのか知りたい」場合は参考記事もご覧ください。
ビットコインってどんなもの?
”仮想通貨”や”暗号通貨”についての解説

実際どのくらいのマイニング収益が出るの?

では実際のところ、どのくらい収益が出るのか?というか、そもそも本当に収益が出るのか?!その実体を、私自身のアカウントで確認してみましょう。

↓これは、18年1月10日からマイニングの始まったアカウントにおける、マイニング実績です。

 

17年12月10日に500ドルマイニングプールの購入手続きを行い、その30日後である18年1月10日からマイニングが始まっています。
※プール購入に使用したのはおよそ7万円

18年10月20日時点でのマイニング実績ですから、283日が経過しています。283日時点で0.01558BTCが得られているので、1日の平均は0.000055BTCという事になりますね。

ただし、ここでポイントになるのは「得られるビットコインの量は日々増えていく」という点です。これは、”再購入”の比率を100%にしており、マイニングプールがどんどん拡大していくからです。
再購入に関する記事はこちら

下の画像に注目してみてください。

 

赤枠の中に「シェア総数:1.2288」という表示が見えますね?マイニングプールがどの程度の大きさになったかは、この表示を見ればわかるようになっています。

マイニングが開始された直後、この数字は「シェア総数:1」と表示されています。それが再購入をくり返すことにより、「シェア総数:1.2288」まで膨れ上がったのです。最初と比べて”1.2288倍”の大きさまでプールが拡大した、ということですね!
プールが拡大したおかげで、今後得られるビットコインの量は日々増えていくというわけです。

※2019年4月15日追記
2018年10月時点のデータをもとに書き上げた記事ですので、2019年の状況とは違う部分があります。
ビットコインの値段によってマイニング収益は増えたり減ったりするので、完全にシミュレーション通りにはなりません。

ビットコイン価格の変動による、マイニング収益の変化

先ほどお見せした画像では、マイニングプール1(500ドルのプール)にて、0.01558BTCの収益が得られているという事でした。現在のビットコイン価格は約75万円ですので、7万円を使って283日で11,685円を得たことになります。

これだけ聞くと、「あれ?思ったより大したことないな…」という印象になるかもしれませんね。それでも、この調子でマイニングプールを大きくしていけば十分に元本回収は可能なレベルです。

【元本回収が可能な根拠】

それでは、私自身のアカウントを使って確認していきます。10月20日で283日が経過していますが、キリが悪いので250日時点の収益から計算します。1000日後、どの程度の収益が出るかを確認してみます。

※1000日のあいだ、ずっと1BTC=75万円だったとします。

  • 250日時点のシミュレーション(実績)…0.01394BTCの収益
    マイニングプールが1.21倍へ拡大
  • 500日時点のシミュレーション…0.01687BTCの収益⇒0.01394BTCとあわせて0.03081BTCの収益
    マイニングプールが1.46倍へ拡大
  • 750日時点のシミュレーション…0.02035BTCの収益⇒0.03081BTCとあわせて0.05116BTCの収益
    マイニングプールが1.766倍へ拡大
  • 1000日時点のシミュレーション…0.02463BTCの収益⇒0.05116BTCとあわせて0.07579BTCの収益
    マイニングプールが2.137倍へ拡大

1000日後、マイニングプールが活動を終えて、シェア総数が1.0減ってしまいます。そのため、最終的にはシェア総数が1.137となり、最初に買った時のシェア総数:1を超えているので、元本回収は可能だとわかります。

やはり最初のうちは再購入を100%に設定して運用するの得策だと言えます。
”再購入”に関する解説記事

再購入の設定も大事ですが、収益の大きさに一番影響するのは”ビットコインの価格”です。「1BTCあたり何円なのか?」この価格によって、ビットクラブ投資で ”生涯賃金” を得られるかどうかが決まっています。

【ビットコイン価格が上がった時のシミュレーション】

 それでは、先ほどと同じく私自身のアカウントを使って確認していきます。250日までは1BTC=75万円、それ以降は1BTC=150万円だったとして計算します。複雑になるので、「マイニングプールがどれくらい大きくなるのか」に焦点を絞った計算をします。

  • 250日時点のシミュレーション(実績)
    0.01394BTCの収益
    マイニングプールが1.21倍へ拡大
  • 500日時点のシミュレーション
    マイニングプールが2.93倍へ拡大
    (1.21×1.21×2≒2.93 最後に2をかけたのは、ビットコイン価格が75万円の2倍なので)
  • 750日時点のシミュレーション
    マイニングプールが7.09倍へ拡大
    (2.93×1.21×2≒7.09)
  • 1000日時点のシミュレーション
    マイニングプールが17.16倍へ拡大
    (7.09×1.21×2≒17.16)

なんだかすごい数字になりましたね!もちろん、これにはからくりがあります。それは、マイニングプールの購入には、”ドル”が使われるためです。

つまり、ビットコインの価格がどれだけ上がっても、500ドルのプールは500ドルのままです。そのため、ビットコインの価格が上がれば、プールの再購入も飛躍的に早くなります。

もちろん、未来のことは誰にもわからないので、シミュレーションしたとおりにビットコインの価格が上がるかどうかはわかりません。そのため、以下はあくまで私個人の意見としてお話しさせていただきます。

あえて断言しますが、「ビットコインは間違いなく将来的に、ピーク時の1BTC=200万円を超えてきます。」
(くり返しますが、あくまで私の考えです)

地上波のメディアは、「仮想通貨はブームが去った。怪しい。」とかいろいろ言っていますが、そんな表面的な意見を気にしても意味はありません。いくつかの根拠をお話しします。

根拠① 仮想通貨を使用する環境が世の中に 広がってきている

通信販売を中心に、仮想通貨で支払いのできるお店が増えてきています。有名どころで言うと、大手の家電店であるビックカメラやソフマップでも支払い可能です。

仮想通貨がこのまま縮小していくような流れではないでしょう。

根拠② 仮想通貨に関する法律がととのってきている

まず重要なことですが、ビットコインに関しては日本の法律ですでにお金として認められています。ただ、仮想通貨がものすごい速さで世の中に広まりすぎたせいで、いまは法律がしっかりと整っていません。

そのため、まだしばらくの間はビットコインや、それ以外の通貨の値段が不安定な状況が続くでしょう。つまり、法律がしっかりと整ったら、再び値段が上がってくることを意味します。

そのほかにも、「そもそもなぜ仮想通貨が作られたのか」、「仮想通貨とはいったい何なのか」という深い話をどんどん掘り下げていったら、「仮想通貨が広がる流れは止まらない」という確信を持つことができます。

細かな根拠に関しては、また別の記事で色々とお話しできればいいなと思います。

※2019年4月15日追記
2018年末に、ビットコインの暴落が発生しました(1BTCあたり、40万円まで低下)。19年4月に55万円まで回復しましたが、まだまだピーク時の値段からは程遠いです。それでも、「将来的にピーク時の値段を超えるだろう」という意見に変わりはありません。

一番大きな変化が、2020年に訪れると考えています。その理由はずばり、”半減期”が発生するからです。
ビットコインの”半減期”とは?

ですが、半減期を迎える前の2019年中にも値段の変わるタイミングが訪れると考えています。しばらくは、ビットコイン価格がどう動くのか様子を見てみるのが良いでしょう。

Bitclub(ビットクラブ)のマイニング収益に関するまとめ

 それでは、「ビットクラブではどの程度のマイニング収益が得られるのか」に関する記事のまとめです。
(私個人のアカウントを例にして、収益を示します)

17年12月11日に500ドルのマイニングプールを購入(約7万円を使用)。

18年1月10日以降、毎日マイニングの収益が入っている。
その間、マイニングプールが拡大し続けている。

283日時点で0.01558BTCを得ており、1日平均で0.000055BTCを得ている。

今後もマイニングプールが拡大し、ビットコイン価格が将来的に上がることで大きな収益となる。
※値段が上がらなかったとしても、今と同じくらいのビットコイン価格であれば、元本は回収できます。「投資に絶対はない」という事を理解して取り組むのをおススメします。

私は、アラサーになったこのタイミングで、仮想通貨が拡大し始めたことを非常に幸運なことだと感じています。

もう少し若ければ、今ほど経済力が無く、仮想通貨のチャンスにも気づけなかったでしょう。またはもう少し年を取っていれば、結婚して投資を始めるような余裕がなかったかもしれません。

そういう意味で、独身のアラサーリーマンにとって、ビットクラブはまさにベストなタイミングだと思います。この先何かとライフイベントが増えて、経済的にも身体的にも気持ち的にも自由な行動がきかなくなってきます。

漠然と将来の不安を抱えてグダグダ生活するくらいなら、エネルギッシュに突き進んで、目の前に転がってきたチャンスをギュッとつかみにいきましょう!

他にも、このブログでは”ビットクラブ”や”ビットコイン投資”をテーマにした記事をたくさん用意しています。さらに、具体的に投資のやり方を学びたいのであれば、無料メルマガの登録をおススメしています。よければそちらもご覧になってみてください。

【投資の方法や必要なマインドについて、有力な情報をメルマガで配信中】
無料メルマガのご案内(特典付き)

【おススメ記事】
ビットクラブのセミナーへ参加してみました
”仮想通貨”や”暗号通貨”についての解説

こちらは管理人ヒロマサのプロフィールです。よければこちらもお願いします。
管理人ヒロマサのプロフィール

なにか分からないことがあれば、遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせリンク

ここまでお読みいただきありがとうございます。別の記事でまたお会いしましょう。