ヒロマサです。

今回は、Bitcoin(ビットコイン)の値動きに関するニュースを取り上げて考察をしています。
2018年の終わりごろから、値段の安さが目立っているビットコインですが、
ここ最近(2019年2月後半)はどんな動きをしているのでしょうか?

ここへたどり着いたあなたは、
「ビットコインがどんな動きをしているのか?」
「これから先、稼げるチャンスはないだろうか?」

このような気持ちをお持ちではないでしょうか?

この記事では、ズバリそんな気持ちにお応えできるようなお話しをしております!

ぜひ、しっかりと読んで情報を吸収してくださいね。

2018年頭からのBitcoinチャート

2018年の1月は、ビットコインバブルの真っただ中であり、1BTC=150万円を超えるレベルで値動きしていました。

2019年2月の今見ると、あらためてすごい値上がりだと感じますよね。ただし、相場の原則として急激な値上がりのあとは急激な反発が発生するものです。そう考えると、テクニカル分析(相場の値段を予想する手法)の観点からも、値段が下がるのは自然なことだったのかもしれません。

ビットコインが200万円を超えたタイミングで買った人たちにとっては、かなり悲惨な状況になったと言えますね。2019年2月の今は、およそ5分の1まで値段が下がっているわけですから…

資金を100万円使った人は、80万円を失ってしまったことになります。

2018年11月以降(値段が大幅に落ちたタイミング)

2018年の11月16日以降、70~90万円台で推移していたビットコインが40万円まで下がってしまいました。
きっかけとなったのは、「ビットコインキャッシュのハードフォーク」です。

ビットコインキャッシュのハードフォークがしっくりこない場合は、過去の記事を参照ください。
2018年11月の暴落に関する記事

この時期から、ビットコインのことがメディアで取り上げられなくなってきました。
まるで、「ビットコインは過去のものですよ」とでも言わんばかりです。

当然ですが、ビットコインは過去ではありません。メディアが取り上げなくなったからといって終わるわけではありませんからね。次の章では、今現在とこれからのビットコインについて考察してみます。

2019年2月 Bitcoinチャート

以前の記事で、”ビットコインETF”が2月に承認されるかも?とお話ししましたが、今のところなんとも言えません。
”ビットコインETFについて書いた記事

2019年中に承認されるだろうとは言われていますが、いつ頃になるかはまだ読めない状況です。
ですがBitcoinチャートを見ると、2/19から価格が上昇していきそうな兆候が現れました。

下に表示しているのは、2/21時点でのBTC/JPY(ビットコインと、日本円)の日足チャートです。

チャートを分析するために、ラインを引いたものが下の図です。

上側に引いた斜めの線が、”トレンドライン”です。今まではトレンドラインの下側で推移していたものが、2/19にラインの上側へ抜けています。価格がトレンドラインの上側へ抜けると、勢いよく値段が上がっていくと言われています。

11月からずっと低い価格で推移していたビットコインが、このタイミングで上昇していく可能性が高いタイミングと言えるでしょう。

もちろん、相場に”絶対はない”ので、確実に上がるとは言えませんが、「ビットコインが過去のものでは無い」のは間違いなさそうですね。この流れに乗って、ビットコイン価格が50万円を超えてくるようであれば、本格的に価格が上昇していくと思われます。

逆に50万円まで行かなかった場合は、しばらく40万円台で推移する時期が続くでしょう。
40万円台で推移したあと、何かのきっかけで価格が上か下のどちらかへ大きく動くはずです。

Bitcoin上昇に対する、世界の関心度は?

このタイミングで、ビットコインに関する様々なニュースを見てみました。するとやはり、値上がりに対する関心度が高まっているようです。

”Googleトレンド”というツールによって、「ビットコイン」というキーワードがどれくらい検索されているかを調べることができます。すると、ここ数日は「ビットコイン」を検索されている量が増えているらしく、関心が高まっていることが分かります。

”関心が高まっている”とは「メディアに注目されている」ことではなく、世の中にたくさんいる「投資家たちの関心」が高まっていることを意味します。投資家とは、ワイドショーに踊らされてビットコインを買ったり売ったりする人の事ではありません。

投資家とは、仕事として”投資を生業にしている人たち”のことです。
今はまさに、投資家たちがビットコインの動きに注目しているタイミングなのです。

現在までのBitcoinチャート(まとめ)

ここまでお話ししてきた内容を簡単にまとめてみます。

【2018年頭のBitcoinチャート】
ビットコインバブルの真っただ中であり、1BTC=150万円を超えるレベルで値動きしていた。
※値段が下がった今、この時期に買った人たちは大損してしまった。

【2018年11月以降のBitcoinチャート】
2018年の11月16日以降、70~90万円台で推移していたビットコインが40万円まで下がってしまった。
きっかけは「ビットコインキャッシュのハードフォーク」
次第に、メディアでも取り上げられなくなってきた。

【2019年2月後半からのBitcoinチャート】
2/19にトレンドラインを上抜けした。
50万円を超えて本格的に上昇するのか、再び40万円以下に下がるのか、
しばらくは値動きから目を離せない状況になった。

そしてトレンドラインを抜けたことで、世界中の投資家たちが、
ビットコインの動きに注目している。

ここまでが、2018年の頭から2019年2月後半までのBitcoinチャートに関する考察です。2019年のビットコインがどうなるか、楽しみな状況ですね。

ミーハーなメディアがビットコインの世界から姿を消し、いよいよ本格的にビットコインが普及していく段階なのかもしれません。

しかし、まだまだ油断はできません。
ちょっとくらい値段が上がったからといって、ここから先も上がっていくとは言えませんからね。

ただ、「ビットコインは過去のものでは無く、これから普及していく」ことに関しては、そろそろ断言してもいいと考えています。これから無くなっていくものであれば、価格が上がるわけはありませんからね。

「ビットコインの投資に、少し興味があるな…」というあなたは、このタイミングで色んな情報を取り入れてみてはいかがでしょうか?
このブログでは、ビットコインに関する様々な記事を提供していますので、よければそちらも参考にしてみてください。

【おススメ記事】
なんのために副収入を得るのか?
そもそもビットコインとはなにか?

わからない部分や不安な部分も、お問い合わせいただければすべてお答えします。
いつでもお気軽に質問してくださいね。
お問い合わせリンク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回もまた、ぜひいらしてくださいね。