こんにちは、投資家サラリーマンのヒロマサです。

2020年11月時点で、ビットコインが急激に高騰しています!

いやーすさまじい勢いですね!きっと、このタイミングでビットコインを保有したいと考えている人も多いはずです。

私もビットコイン投資をしているので、利益が増え続けている所です^^
ただ、まだまだ日本円への換金はしません。ここから数年先まで保有して、1000万を超えたタイミングで日本円へ変えるつもりです。

ではさっそく、ビットコインの買い方を解説します。

コインチェックで購入しましょう!

ビットコインを買うためには、取引所へあなた用の口座を開設する必要があります。
そのため、コインチェックへ口座を開設してビットコインを手に入れましょう。

過去に起きた流出事件のイメージが残っているかもしれませんが、コインチェックはここ数年でかなり改善を進めています。

セキュリティ性を改善したのはもちろん。操作性が良くて初心者にも分かりやすいのが特徴です。

ただし、ビットコインを購入する際には注意点があります。
「コイン購入」ではなく「現物取引」でビットコインを購入してください。多くの手数料がかかるので、間違っても「コイン購入」のボタンを押してはいけません。

トップ画面に、「現物取引」と書かれた箇所があるのでそこを参照してください。そのすぐそばに、下写真に載せた「BTC買い板/売り板」があります。
「買」が縦に並んでいるので、写真のように真ん中あたりの数字(レート)を確認する。

「BTC買い板/売り板」を見ながら、「現物取引」のレート欄へ先ほどの数字を打ち込む。
そして、「概算」の欄へ買いたい金額を打ち込んで注文すれば、ビットコインを購入することができます。(下写真を参照)

「現物取引」のやり方は以上です。「コイン購入」を選択すると、無駄にお金を損するので注意してくださいね。

ビットコインが高騰している理由は?

まずは、年金基金やヘッジファンドといった、いわゆる個人ではない機関投資家と呼ばれる投資家がビットコインを買い始めたことが要因として挙げられます。

つまり私たち庶民が知らないところで、莫大な資金を持つ団体がビットコインを買い集めているのです。大手の企業もビットコインを買い始めているので、これからますますビットコイン価格は上昇する流れに入るでしょう。

また、コロナ禍によって庶民へ出回る現金量が増えたことも要因の一つと考えられています。世界中でコロナウイルスが大流行したため、各国では経済を立て直すために庶民へ現金が給付されました。

日本でも、国民みんなに給付されましたよね?そういった資金を使ってビットコインを買った投資家が、世界中にたくさんいるのです。

こういった理由でビットコインが多く買われるようになり、現在のような高騰が起き始めたものと思われます。

まとめ

最後に記事のまとめです。

【ビットコインの買い方】

【値上がりの理由は?】

  • 機関投資家がビットコインを買い始めた
  • コロナ禍による給付金でビットコインが買われている

以上が、今回の記事のまとめです。

ビットコインを保有し、数年間そのままにしておけば莫大な資産になる可能性があります。ぜひこの機会を逃さず、購入してみてはどうでしょうか?