暗号資産がメタバースを発展させる?新たな時代がもうすぐ始まる

2020年代には、「メタバース」(仮想空間)の市場が爆発的に伸びると言われています。

そして、メタバース市場が伸びるうえで、暗号資産(仮想通貨)が大きな役割を果たすというのです。

 

僕はこの話をパッと聞いて、メタバースと暗号資産にどんな関係があるのかイメージできませんでした。しかし、この2つにはとても大きなつながりがあるらしいのです。

この記事では、そんなメタバースと暗号資産の関係について解説していきます。

▼ビットコイン投資をやってみたい方はまずこちらから▼

ビットコイン投資の詳しい始め方がわかる電子書籍『ビットコインスタートアップガイド』を無料でお届けします!

※ご入力いただいたメールアドレスへお送りします。お名前は空欄でも大丈夫です。
※無料メール講座もあわせてお届けします。学ぶものがなければいつでも解除していただけます。

           

メタバースと現実の境目が無くなってきている

メタバースと現実の境目が無くなってきている

僕はもともと、メタバースのことを現実とはかけ離れた世界だと思っていました。

仮想空間と呼ぶくらいだから、文字通り「仮想の空間」と解釈していたのです。

 

もちろん、近年のメタバース技術がハイレベルなことはよく知っています。

目の前に広がる草木、山や丘、街中の建物など…現実と見分けがつかないくらいリアルな世界であることは認識しています。

 

とはいえ、あくまでメタバースは仮想の世界。ゲーム好きの人が趣味で体験する世界でしかありません。

メタバースを利用したゲームは増えているけど、あくまでただの娯楽です。僕はそう思っていました。

 

しかし2020年代になり、メタバースが現実世界に近づきつつあるらしいのです。メタバース内で土地を買って家を建てたり、買い物をしたり、生活をしたり…。

メタバースの中には、すでに現実と同じような文化が育ちつつあるということです

この流れは、今後ますます進むと言われています。

近い未来には、「人がメタバースと現実を行き来する世界が来る」なんてことも考えられているようですね。

メタバースにおいて暗号資産が果たす役割

メタバースにおいて暗号資産が果たす役割

暗号資産は、メタバース市場が広がるうえでなくてはならない存在になりつつあります。

冒頭でも言ったように、暗号資産とメタバースに関係があると最初に聞いた時、どういうことなのかイマイチ理解できませんでした。

しかし、話を聞いたらすぐに納得がいきました。

暗号資産の役割はズバリ、メタバース内で使われるお金です。

 

ひとつ前の章で、「メタバース内で買い物をする」と言いましたが、要するにその時に使われるお金が暗号資産なのです。

考えれば考えるほど、暗号資産とメタバースは相性バッチリであることが分かります。

 

暗号資産は、インターネット上のデータとして存在しているお金です。

そのうえで偽造することが不可能であり、送金ミスなどのトラブルが起きるリスクが低いのが特徴です。

買い手と売り手の合意があって初めて送金することができるので、金銭トラブルにつながりにくいと言えます。

 

だからこそ、暗号資産は「メタバース市場が広がるうえでなくてはならない存在」と言えるのです。

実際に、すでにメタバース内では様々な通貨が取引されているようです。

ではここで、メタバースで実用化されて成功を収めた通貨を2つほど紹介します。

Decentralandで使われる「MANA」

「Decentraland」(ディーセントラランド)は、2015年から開発されているメタバースです。

この業界の中では最古参のメタバースと言われています。ユーザー達は土地を売買することで、利益を得たりしています。

Decentralandの土地には様々なデザインの建物が建てられており、多くのデザイナーや建築家が活躍しているようです。

そんな最古参のDecentraland内で使われる通貨が、「MANA」という暗号資産です。

The Sandboxで使われる「SAND」

「The Sandbox」は、自分の好きな世界をデジタル空間上に作るゲームとして2012年にリリースされました。

2018年に他企業に買収され、そこからメタバースの分野で発展してきたという歴史があります。

日本で有名な取引所「コインチェック」が、The Sandbox内の土地を販売したことで話題になったこともあります。

そんなThe Sandbox内で使われている通貨が、「SAND」という暗号資産です。

 

「SAND」については、以下の記事でも触れています。

 

MANAやSANDは、すでに成功を収めて巨大な市場を作り上げたプロジェクトです。

しかし、もちろんメタバースはこの2つだけではありません。

これから生まれるプロジェクトも数多くあり、その将来性は計り知れません。

メタバース関係の暗号資産に投資する意義は?

メタバース関係の暗号資産に投資する意義は?

MANAやSANDといったメタバース通貨の価値は、メタバース市場が伸びるかどうかによって大きく左右されます。

メタバースが流行れば通貨も多く使われて価値が上がるし、逆にそうでなければ価値を下げていくはずです。

 

では、これからメタバース市場が伸びるのかというと…、やはり伸びる可能性の方が高いように思えます。

いま現在、すでにメタバースを利用した多くのサービスが存在していますしね。

 

通貨を買った後にその通貨が使われるメタバースが流行ると、大きく価値を上げる可能性があるわけです。

そう考えると、メタバース関係の通貨を買う価値がある気がしてきませんか?

僕は、イチ投資家としてメタバースの分野に対して強い関心を持っています。

なぜなら、「伸びる前の市場に投資すると、市場が伸びたときに資産を増やすことができる」からです。

 

そのため、僕はメタバース関係の情報に対して日々アンテナを張って情報を集めるつもりでいます。

もしもめぼしい通貨が見つかれば、ぜひとも流行る前に買っておきたいですしね^^

何か面白い情報があった時には、その都度このブログで情報発信していこうと思います!

まとめ

僕が小さいころには、「メタバース」という世界が生まれるなんて想像すらしていませんでした。

こういった最新技術の話って、ただ単純に聞いていて楽しいです(笑)

 

もちろん、メタバースは投資の対象としても大きな価値があります。

資産を増やすためにも、こういった伸びていく市場の情報は積極的に集めていくつもりです。

ここまで読んでいただいたあなたも、ぜひ一度、メタバース関係の情報に目を光らせてみてはいかがでしょうか?

もしかすると、どこかで面白い投資のチャンスと巡り合えるかもしれませんからね^^

 

では、今回の記事は以上となります。ここまでお読みいただきありがとうございました。

\ ビットコインの入門ガイドを無料プレゼント中です /
ビットコイン入門『スタートアップガイド』

暗号資産に投資したいと思っても、種類が多すぎて何から始めればいいかワケわからない……悩んだあげくに、結局何もせず終わっていませんか?

もしあなたがまだ暗号資産の初心者なのであれば、王道のビットコインから始めるのがもっとも入りやすくオススメです。よくわからない新興の通貨よりも、世界で認知されている大企業のような通貨だからです。

じゃあ、ビットコイン投資をどう始めて、どう稼いでいけばいいのか…!?その肝心な部分をじっくり解説したビットコイン攻略の入門書『ビットコインスタートアップガイド』(電子書籍)を、無料プレゼントしています!

あわせて無料のメール講座もお届けしますので、少しでもビットコインに興味がわいたのであれば、ぜひ今のうちに受け取っておいてください↓↓

※メール講座は、学ぶものがなければいつでも解除していただけます。

投資初心者の方はフォローをどうぞ^^

おすすめの記事