エルサルバドルでビットコイン法案が可決!新時代の始まりか?

ついに、ビットコインがエルサルバドルの法定通貨となりました

ニュースが発表されたのは、6月9日の午後3時過ぎです。僕はニュースを見た瞬間に衝撃を受け、その衝撃がまだ抜けていません…。

 

今回は、僕と同じくこのニュースを見た人へ向けて、

  • ビットコインが法定通貨になると周りにどんな影響があるのか?
  • ビットコインを法定通貨にして大丈夫なのか?
  • ビットコインの価格にどんな影響があるのか?

こういった観点から、ニュースのおさらいも含めて解説していこうと思います。

 

↓参考記事(法案が提出された直後に書いた記事)

▼ビットコイン投資をやってみたい方はまずこちらから▼

ビットコイン投資の詳しい始め方がわかる電子書籍『ビットコインスタートアップガイド』を無料でお届けします!

※ご入力いただいたメールアドレスへお送りします。お名前は空欄でも大丈夫です。
※無料メール講座もあわせてお届けします。学ぶものがなければいつでも解除していただけます。

           

エルサルバドルで、ビットコイン法案が可決された!

エルサルバドルで、ビットコイン法案が可決された!

「エルサルバドルがビットコインを法定通貨とする法案を提出」というニュースが出てからたったの3日しかたっていないにもかかわらず、早くも法案が通ってしまいました!

結果を見ると、全82票のうち賛成が62票で可決されました。要するにほとんどの議員が賛成したということですね。

エルサルバドルで実際にビットコインが使われるのは90日後です。つまり日本時間の9月7日には、ビットコインが正式に国のお金として使われることとなります。

 

僕の勝手な予想ですが、エルサルバドルの人々はビットコイン法案が可決されるのを期待していたんじゃないかと思っています。

そう思うもっとも大きな理由は、エルサルバドルの経済状況です。

 

エルサルバドルは経済的に恵まれた国とは言い難く、国民の約7割が銀行口座やクレジットカードを持っていないそうです。対して、アメリカをはじめとする先進国では、多くの人が口座やクレジットカードを持って豊かな暮らしをしています。

エルサルバドルには、そんな先進国の暮らしに憧れる人が多くいたんじゃないでしょうか?

 

そんななか、先進国の暮らしを実現できる武器となるものこそが『ビットコイン』だと判断されたのだと思います。

ビットコインがあれば、銀行口座のようにお金を貯め続けることができます。しかも海外への送金が可能なので、外国へ出てビジネスを始めることもできます。

ついでに言うとビットコイン自体の価値が上がれば、それだけで資産が大きく増えることになります。

 

エルサルバドルの政治家たちは、そういった国民の気持ちを分かっているからこそ、たった3日で法案が可決されたんじゃないでしょうか?

ビットコインが法定通貨になると周りにどんな影響がある?

ビットコインが法定通貨になると周りにどんな影響がある?

では、ビットコインが法定通貨になると、周りにどんな影響があるのでしょうか?

考えられる大きな影響は一つ。間違いなく、同じようにビットコインを採用する国が続出すると予想しています。

なぜなら、経済的に恵まれていない国はほかにもあるからです。

 

ビットコインは、エルサルバドルだけが欲しがっているわけではありません。

自国の経済を立て直すために、導入を検討している国は多いはずです。事実、このニュースを聞いて、南米の国パラグアイもビットコインの導入を匂わせているそうですよ。

エルサルバドルの事例があるので、他の国も同じ法案を提出しやすくなったと思います。

 

ここ数十年の間、世界の基軸通貨(中心となる通貨)は「アメリカのドル」だと言われていました。このままビットコインが流行れば、いよいよドルの時代が終わりに近づくかもしれませんね。

ビットコインを法定通貨にして大丈夫なのか?

そもそも、ビットコインを法定通貨にしちゃって大丈夫なのか、という疑問がわくかもしれません。

当然、ビットコインにも問題点はあります。

法定通貨にするうえでもっとも気になるのは「値動きが激しすぎる」という点です。

 

ビットコインは、1日で5~10%近く価値が動くことも珍しくありません。

なので、商売をしている人は、ビットコインで値段をつけるのに苦労するんじゃないでしょうか?

  • このお肉はいくらにすればいいんだろう?
  • いくらにすれば採算がとれるんだろう?

商品の売り手が、こういった悩みを抱えるのが予想されます。

慣れるまでは、しばらく混乱に近いような状態が続くんじゃないでしょうか?

ビットコインの値段へどう影響するのか?

ビットコインの値段へどう影響するのか?

エルサルバドルがビットコインを法定通貨にしたことで、ビットコイン全体の値段に影響はあるのでしょうか。

あくまで予想ですが、結論から言うと想像つかないくらい値上がりしていくと思っています。

(2021年6月現在のレート、1BTC=約400万円と比較して。)

 

そう考える一番の理由は、先ほども言ったように

  • エルサルバドル以外の国もビットコインを採用し始めるから

です。

 

国がビットコインを採用するということは、国が多くのビットコインを買い集めることを意味します。そして、ビットコインには、多く買われれば買われるほど値段が上がりやすくなるという特徴があります。

当然ながら、国がビットコインを買う量はハンパじゃありません。個人では太刀打ちできないくらいの大金を出して、買い集めていくはずです。

そのため、ビットコインを採用する国が増えれば増えるほど、値段は激しく上がっていくと思われます。

 

もちろんこれらの話は、僕が勝手に考えた予想でしかありません。ですが、実際に値段が上がっていったら面白いですよね。

僕たち投資家は、そんな未来を見越して今から準備した方が良いかもしれませんね!

まとめ

エルサルバドルがビットコインを国の通貨として認める法案が提出されてから、まだたった3日しか経っていません。スピード感が、日本とはぜんぜん違いますね!

その早さこそが、エルサルバドルでビットコインが期待されている証なんじゃないかと思います。

 

これから他の国々も同じ動きを続けていって、ビットコインが米ドルを追い越す未来が来るんでしょうか?

僕は、そんな未来が来たら面白そうだなって思っています。

だって、元々ビットコインって価値のないただの数字だったんですよ。その数字にある日から価値がついて、マニアの間で取引が続けられていました。

そんなマイナーだった通貨が、いまや国から承認を受けて使われるようになっているんですから。ビットコインのここまでの歩みを考えるだけでロマンを感じます。

 

あなたもぜひ、ここから先のビットコインと世界の動きに注目してみてはどうでしょうか?

\ ビットコインの入門ガイドを無料プレゼント中です /
ビットコイン入門『スタートアップガイド』

暗号資産に投資したいと思っても、種類が多すぎて何から始めればいいかワケわからない……悩んだあげくに、結局何もせず終わっていませんか?

もしあなたがまだ暗号資産の初心者なのであれば、王道のビットコインから始めるのがもっとも入りやすくオススメです。よくわからない新興の通貨よりも、世界で認知されている大企業のような通貨だからです。

じゃあ、ビットコイン投資をどう始めて、どう稼いでいけばいいのか…!?その肝心な部分をじっくり解説したビットコイン攻略の入門書『ビットコインスタートアップガイド』(電子書籍)を、無料プレゼントしています!

あわせて無料のメール講座もお届けしますので、少しでもビットコインに興味がわいたのであれば、ぜひ今のうちに受け取っておいてください↓↓

※メール講座は、学ぶものがなければいつでも解除していただけます。

投資初心者の方はフォローをどうぞ^^

おすすめの記事