このページでは、ジュビリーエースの第二章「JENCO」の始め方を具体的に解説しています。
「知り合いに聞いてJENCOへ登録したけど、具体的なやり方がよく分からない!」

そんな疑問は、このページを見れば一発で解消することができます。
以下の手順に従い、進めていってください。

事前準備:ビットフライヤーへの登録

JENCOは、そのまま日本円を使って投資することはできません。JENCOは「取引所」で日本円をビットコインへ両替して、そのビットコインをJENCOの口座へ送金する必要があるのです。

本ブログでは、ビットコインを手に入れる取引所としてビットフライヤーを推奨しています。
※以前は別の取引所を勧めていましたが、より操作の分かりやすいビットフライヤーを推奨させていただくこととしました。

ビットフライヤーを推奨する理由はいくつも挙げられます。

  • 国内ビットコイン取引量がトップ
    (2020年1-4月の月間出来高)
  • 高いセキュリティ
  • 初心者でも見やすい画面
  • 預けたお金に対して補償の制度がある

こういったメリットがあります。JENCOへ送金するための大切なお金を入金するのが取引所です。信頼性の高いビットフライヤーを使い、お金を安全に管理しましょうね。

それでは次の章から、具体的にビットコインを入手する手順を解説します。
大まかには、ビットフライヤーへ登録日本円を入金ビットコインを購入、という流れです。

【以下、登録の手順】

1.まずは、以下のリンクからビットフライヤーのHPへ行く

bitflyer

2.ビットフライヤーのHPでアドレスを入れて「無料登録」を選択

キーワードがアドレスへ届いたら、以下の順で進めます。

メールアドレスへ届いたキーワードを入力

パスワードを設定

同意事項へチェックを入れる

3.二段階認証の設定をする
※「認証アプリを使う」を推奨↓

↑もっともメジャーな「Google Authenticator」をスマホでダウンロードしましょう。
※どのアプリでも操作に支障はありません。

スマホでアプリを入手したら、以下の手順で進めます。

上画面の「次のステップへ進む」を選択

画面上のQRコードをスマホアプリから読み込む

スマホに表示された6桁の数字を入れる。
※6桁の数字は1分ごとに切り替わるので注意

6桁の数字を使うタイミングについて聞かれるので、
基本は「ログイン時」「出金時」など、
全てのタイミングで使うよう設定する。
(チェックを入れればOK)

以上で、二段階認証の設定は完了となります。

4.本人情報の入力


ログインすると、本人情報を入力するよう求められます。
画面の指示に従って進めて下さい。

5.「本人確認資料」の提出を行う

↓本人情報を入れたら「本人確認資料」の提出を求められます。

「クイック本人確認」を選択して手続きを進めて下さい。

クイック本人確認とは、最速でその日のうちに本人確認が終わるサービスです。
身分証と、自身の顔を撮影して、ビットフライヤーへ送ります。
※スマホを使用する

写真が承認されたら、ビットフライヤーを自由に使えるようになります。
(メールで承認の通知が来ます。)

ビットフライヤーへの入金

本人確認が終われば、ビットフライヤーのすべての機能を使えるようになります。ここからはPC画面のスクリーンショットを使って説明しますが、スマホを使う場合でも同じ流れで進めることができます。

【以下、入金までの手順】
ビットフライヤーのHP

1.銀行口座の情報を登録する

銀行口座を登録すれば、お金の出し入れができるようになります。
画面の指示に従って登録してください。
※必ず、本人名義の口座を登録する

2.トップページから「入出金」を選択

3.赤枠内にある「入金の方法」を選択。基本は銀行口座からの入金を推奨

銀行口座から入金する場合は、入金用の口座が表示されるので、そちらへ振り込んでください。
振込の名義が違うと入金できないので注意してください。
振込の処理が終われば、あなたのアカウント残高表示が増えるはずです。

【振込額】
10,000ドルで運用する場合…110万円
3,000ドルで運用する場合…35万円

入金したお金を使ってビットコイン入手する

1.トップ画面から「ビットコイン取引所」を選択

「販売所」ではなく、「取引所」を選択する
販売所でビットコインを入手してもいいが、更なる手数料が必要

2.ビットコイン取引所の画面で、ビットコインを買う

【画面の操作について説明】

赤く囲った枠内にある縦に並んだ数字を確認。
この中で、真ん中あたりの数字の値を確認する。
確認した値を「価格」の欄へ入力する。
※入力する値は、大まかな値でOK

「数量」の数値を記入。
入金した日本円を全て使える数字を入れる。
110万円の場合は、およそ0.95~1.00BTCほどになる見込み。

「コインを買う」を押す。
「残高不足」と表示されるまで、②~③の流れを繰り返す。の数値を記入。
入金した日本円を全て使える数字を入れる。

これで、ビットコインを買う操作は完了です。
ただし、110万あれば10,000ドルでの運用が可能と言いましたが、今後の「ドル」と「円」の値動きによっては、さらにお金が必要になる可能性もあります。

JENCOへログインし、JENCO内へビットコインを送金する

※事前にJENCOのアカウントを取得しておいてください。
JENCO内の操作については、すべてスマホの画像を使って解説しています。

1.JENCOへログイン後、まずは左上のボタンを選択

2.表示される言語を英語から日本語へ切り替える

3.「ウォレット」を押してから「入金」を選択

4.「BITCOINウォレット」を選択→USDの欄へ希望する入金額を入力
(10000ドルで投資したいなら、10000を入力)

入金するべきビットコイン額が、Bitcoinの欄へ表示されるので控えておく。
さらに、JENCO内へ送金するためのアドレス「送金元アドレス」へ表示される。
「コピー」を押せば「送金元アドレス」をコピーすることができる。

5.ビットフライヤーのトップ画面から「入出金」を選択

6.ビットコインを送金する画面へ行く

「ビットコイン」
を選択
「送付」
を選択
「アドレスを登録する」
を選択

7.JENCO口座の送金先アドレスを登録する
⇒メールアドレスまで、登録用のURLが届くのでクリック

8.登録したアドレスが「入出金」の画面に表示されるので選択

9.登録したアドレスまでビットコインを送金する

送金するビットコイン量を記入
口座内にあるビットコイン量から、手数料0.0004を引いた値を入れる
「優先度」を選択
優先度を高くすると着金までの時間が短くなるが、さらに手数料を取られる
この赤枠内を押せば、JENCOへの送金ができる

※長いときは、着金までに10分以上かかる場合もある。

サブスクリプション(投資プラン)を決めて運用する

※サブスクリプション(投資プラン)を決める前に、
JENCOへ送ったビットコインを使える状態へ変換する必要がある。
1.「ウォレット」を押してから「変換」を選択

2.USDの欄へ希望する運用額を入力→「送る」を押す
(10000ドルで投資したいなら、10000を入力)

ここまで実施すれば、あとはサブスクリプション(投資プラン)を選択して、運用を開始することができる。

3.「アカウント」を押してから「サブスクリプション」を選択
※JENCOローンを使う場合は「パワーアップ・サブスクリプション」を選択

4.自身の資金に合わせて、サブスクリプション(投資プラン)を選択する

JENCOを始める手順については以上となります。ここまで進めれば、あとは自動でお金が運用されて増えていきます。ぜひこのJENCOで資産を増やしてくださいね^^

プライバシーポリシー