サラリーマンは頑張るだけ無駄なのか?限界が見えてしまう生き方

    「サラリーマンは頑張るだけ無駄!」という意見を聞くことがあります。

    特に、昔からあるような大きな企業に勤める人ほど、こういった意見を持ちやすいようです。

     

    かくいう僕自身も大企業に勤めた経験があるので、気持ちはとてもよく分かります。

    • 「仕事を頑張っても頑張らなくても一緒」

    この気持ちが沸いて、仕事をサボりそうになった経験は数知れず(笑)

     

    そんなわけで、この記事では

    • なぜサラリーマンは頑張るだけ無駄と感じるのか?
    • 頑張るのが無駄なら、どんな働き方をしたら良いのか?

    こういったテーマについて話していきます。

    この記事を読んでいただいたことで、目の前の仕事にどう向き合えばいいかヒントになれば幸いです。

    ▼ビットコイン投資をやってみたい方はまずこちらから▼

    ビットコイン投資の詳しい始め方がわかる電子書籍『ビットコインスタートアップガイド』を無料でお届けします!

    ※ご入力いただいたメールアドレスへお送りします。お名前は空欄でも大丈夫です。
    ※無料メール講座もあわせてお届けします。学ぶものがなければいつでも解除していただけます。

               

    サラリーマンを頑張るだけ無駄な理由

    サラリーマンを頑張るだけ無駄な理由

    僕は、以前の企業で「閉塞感」と戦っていました。

    • サラリーマン人生の限界を感じる……
    • 全力で頑張る意味があるのか……

    いつもこういった気持ちを持っていたのを覚えています。

    こんな気持ちになってしまう理由は、大きく4つあると考えています。

    理由① がんばっても給料は変わらない

    サラリーマンの給料は、めちゃめちゃ頑張ったとしてもほとんど変わりません。

    人の2倍、3倍頑張ったとしても勤務時間が変わらなければ、給料は変化しないのです(残業や資格手当による増減はありますが)。

    めちゃくちゃ頑張っても、サボっている同僚と給料が一緒なわけです。

    それだったら、極端な話「サボった方が得」とも言えますよね。

     

    僕の場合、新人の頃はがむしゃらに仕事へ打ち込む日々を過ごしていました。

    しかし経験を重ねるにつれ、頑張っても得られるものが変わらないと気づいてしまったんです。

    そのことがわかって、少しずつやる気がしぼんでいったのを覚えています。

    理由② 頑張ると残業が増える

    頑張ることによって、より短い時間で一つの仕事を終わらせられるようになります。

    しかし、短い時間で仕事を終えたとしても早上がりできるわけではありません

    定時が決まっている以上、勝手に帰るわけにはいかないのです。

     

    むしろ、仕事を早く終わらせられる人には、より多くの仕事が回ってきます

    そのうえ、責任ある仕事を任せられる機会も増えてきます。

    すると、次第に定時上がりをするのが難しくなってしまうのです。

    頑張らずに定時上がりしている同僚を横目に、残業をこなさなければならないということです。

     

    サボって定時上がりするのと、真面目に仕事して遅くまで残業するのは、どちらが賢いんでしょうか?

    冷静に考えると、頑張らずに定時上がりする方が賢く思えてしまいます。

    僕自身、残業中に

    • 「なんでこんなことやってるんだろう?」

    と思う機会も多かったのを覚えています。

    夕方から友達と会う約束をしていたのに、それをキャンセルして残業している自分。

    そんな自分の姿に対して、疑問を抱くことも少なくありませんでした。

    理由③ どう頑張っても先輩は超えられない

    日本では、実力や頑張りよりも「経験」が重視される風潮があります。

    つまり、

    • 「仕事ができる人より、長年仕事している人の方が評価される」

    というわけです。

    いくら頑張ったとしても、重視されるのは「働いた年数」です。

    そう考えると、頑張ることにどれだけ意味があるのか疑問を感じてしまいます。

     

    僕が新人だった頃、仕事ができないのに自分勝手なふるまいをする先輩がいました。

    その先輩は仕事をしている後輩に絡んで、すぐに仕事の邪魔をしてきます。

    後輩がどんなに忙しそうにしていても関係ありません。平気で30分以上も人の時間を奪ってくるのです。

     

    しかも、話す話題は本当にどうでもいいことばかりでした。会社や上司、その場にいない同僚など、いろんな人の悪口ばかり言っていたのです。

    そんな悪口を言うためだけに後輩の邪魔ばかりをするのです。

     

    当時の僕は、そんな先輩に対してずっとイライラを抱えていました。しかし、会社での評価はその先輩の方が上でした。

    なぜなら、その人は先輩だったからです。

     

    僕たちより少し長く働いているというだけで、僕たちよりも高い評価を得ていたのです。

    「仕事ができるかどうか」、「成果を出しているかどうか」は関係ありません。

    理由④ ストレスが増える

    仕事を頑張ると、そのぶん多くのストレスを抱えることになります。

    真面目に黙々と仕事をするAさん。かたや適度に手を抜いて、YouTubeを見てサボりながら仕事しているBさん。

    体を酷使して仕事しているAさんがストレスを溜めるかたわら、Bさんは遊んでいるだけです。2人が同じ職場にいたとして、Aさんはどんな気持ちになるでしょうか?

     

    Aさんの目には、サボっているBさんの様子が入ってきます。

    • 「自分はこんなに頑張っているのになんであいつはサボっているんだ?」

    もしかすると、こんな気持ちを抱くかもしれません。

    さらに、Bさんは大した仕事を抱えていないので、いつも定時に上がるし給料もさほど変わりません。

    Aさんの立場からすると、やってられない気持ちになるんじゃないでしょうか。

     

    僕がAさんなら、仕事を頑張ってストレスを溜めるより、適度にサボって早く上がった方がマシな気がしてしまいます。

    サラリーマン人生には限界がある

    サラリーマン人生には限界がある

    サラリーマンは、基本的には時給労働の世界です。

    • 「〇時から〇時まで働けば、基本給をこれだけ渡します」

    という契約をして、仕事をすることになります。

     

    だからこそ、頑張っても頑張らなくても評価が大して変わらないのです。

    大きな成果を出したからプラスで200万あげます、なんて出来事は起こりません。

    しかも古い企業であればあるほど、「年齢」が給料に大きく影響する傾向があります。いまどれだけ頑張るかよりも、何年働いたかが給料へ大きく影響するのです。

    そう考えると、目の前の仕事に全力投球する方が損だと思う人が出てもおかしくありません。

     

    もちろん、仕事をする意味は給料だけではないってことは分かっています。

    • 会社の人たちが好きだから一緒に働いている
    • 自分の好きな仕事だから働いている
    • 新しい知識が増えていくのは楽しい

    こういった、給料以外の「やりがい」が存在しているのも分かります。

     

    ですが仕事をする以上、給料の話題を避けて通ることはできません。

    残念ながら多くの企業では、頑張るだけ損する仕組みができてしまっているのです。

    やっぱり頑張らない方が正解なの?

    やっぱり頑張らない方が正解なの?

    もしも今サラリーマン人生に不満があるなら、頑張り方を見直した方が良いんじゃないかと思います。

    「不満」っていう感情は、なにかを変えるべきだというサインだからです。

     

    僕が良いなと思うのは、

    • 「やるべきことに力を入れて、他は適度に力を抜く」

    という働き方です。

    まず前提として給料をもらっている以上、決められた時間内で成果を出す努力は必要だと思います。みんながみんなサボりだしたら、会社も世の中も回りませんしね。

     

    ただ成果を出すうえで、常に全力投球する必要は無いと思います。

    よくよく考えると、目の前の仕事すべてが成果につながるわけではありませんよね?

    なかには、がんばっても成果が大して変わらない仕事もあると思います。

    (重要ではないメールのチェックなど)

     

     

    そういった、時間をかける必要のない仕事を効率的に短く終わらせてみるのはどうでしょうか?

    結果的に、やるべきことへ集中しやすくなるし、時間のロスも減ると思います。

     

    時間のロスが減ったら定時上がりもしやすいですしね^^

    まとめ

    今回は、「サラリーマンは頑張るだけ無駄なのか?」というテーマについてお話ししてきました。

    サラリーマンが時給労働である以上、

    • 「頑張るだけ無駄」

    という感情が沸いてしまうのは避けられないことだと思います。

     

    だからこそ、やはり「適度に力を抜く」という技術は大事だなと思います。

    頑張るだけ無駄……と思われているのであれば、ぜひ適度に力を抜いて、気を楽にしてみてくださいね。

    では、ここまでお読みいただきありがとうございました。

    \ ビットコインの入門ガイドを無料プレゼント中です /
    ビットコイン入門『スタートアップガイド』

    暗号資産に投資したいと思っても、種類が多すぎて何から始めればいいかワケわからない……悩んだあげくに、結局何もせず終わっていませんか?

    もしあなたがまだ暗号資産の初心者なのであれば、王道のビットコインから始めるのがもっとも入りやすくオススメです。よくわからない新興の通貨よりも、世界で認知されている大企業のような通貨だからです。

    じゃあ、ビットコイン投資をどう始めて、どう稼いでいけばいいのか…!?その肝心な部分をじっくり解説したビットコイン攻略の入門書『ビットコインスタートアップガイド』(電子書籍)を、無料プレゼントしています!

    あわせて無料のメール講座もお届けしますので、少しでもビットコインに興味がわいたのであれば、ぜひ今のうちに受け取っておいてください↓↓

    ※メール講座は、学ぶものがなければいつでも解除していただけます。

    投資初心者の方はフォローをどうぞ^^

    おすすめの記事