アルトコインとは?分かりやすくビットコインとの違いを解説!

「アルトコイン」とは、ビットコイン以外の全ての通貨をまとめて指した言葉です。

 

暗号資産には1万種類を超える通貨が存在しています。ビットコインは、その1万種類の中の1つでしかありません。

そして、ビットコイン以外の全てをアルトコインと呼ぶのです。

今回の記事では、この「アルトコイン」についてくまなく、そして分かりやすく解説していきます。

 

記事を読むことによって、

  • 代表的なアルトコインにはどんなものがあるのか
  • アルトコインの特徴は何か
  • アルトコイン投資に向いている人はどんな人か

こういった点についてわかるようになりますので、ぜひじっくり読み進めてみてください^^

    ▼ビットコイン投資をやってみたい方はまずこちらから▼

    ビットコイン投資の詳しい始め方がわかる電子書籍『ビットコインスタートアップガイド』を無料でお届けします!

    ※ご入力いただいたメールアドレスへお送りします。お名前は空欄でも大丈夫です。
    ※無料メール講座もあわせてお届けします。学ぶものがなければいつでも解除していただけます。

               

    代表的なアルトコインを紹介

    代表的なアルトコインを紹介

    まずは、数あるアルトコインの中で、よく知られているものをピックアップしてご紹介します。

    ここに挙げたものは、いずれも日本人にとって知名度の高い通貨となります。

    イーサリアム(ETH)

    「イーサリアム」は、アルトコインの王様とも呼ばれる通貨です。

    時価総額は60兆円を超えており、ビットコインに次ぐ第2位に位置します(2021年11月時点)。

     

    2013年に、当時19歳のヴィタリック・ブテリンさんが中心となって、開発されました。

    イーサリアムは「手数料としての役割」を持っているのが特徴です。

    手数料として使うために多くの人から買われた結果、2021年時点ではアルトコインの王様と呼ばれるまでに成長しました。

     

    イーサリアムについて詳しくは、以下の記事を参考にしてください↓

    ソラナ(SOL)

    「ソラナ」は、2020年3月に生まれて急成長を見せているアルトコインです。

    2021年7月から10月までの約3か月間で、約10倍近く伸びた実績を持ちます。

    (時価総額ランキングは5位。2021年7月時点)

     

    2021年の夏は、あまりにソラナの勢いが強くて「ソラナサマー」なんて呼ばれ方をしていました。

    イーサリアムと同じく、手数料としての役割も果たす通貨となります。

    イーサリアムと役割が似ているので、イーサリアムにとって代わる可能性があるとも言われています。

    巷では、ソラナのことを「イーサリアムキラー」と呼ぶ人もいるみたいですよ。

     

    ソラナサマーについては、以下の記事で詳しく解説しています↓

    ネム(XEM)

    「ネム」は、日本人にとってなじみの深いアルトコインです。

    日本国内にある多くの取引所で買うことができ、名前も広く知られている通貨となります。

    (ただし、時価総額はイーサリアムやソラナに遠く及びません。)

     

    ネムには、語るうえで切っても切れないエピソードがあります。

    それが、「コインチェックの流出事件」です。

    詳細に関しては参考記事へ載せているので、よければそちらを参照ください。

    ↑コインチェック流出事件を簡単に説明してください。

     

    事件が起きたとはいえ、ネムそのものが有力な通貨なのは事実です。

    さらに、ネムの強化版とも言える「シンボル」という通貨もあるので、2021年現在はそちらへ注目が集まっています。

     

    ネムやコインチェック事件、シンボル等については以下の記事で詳しく解説しています↓

     

     

    ひとまず、代表的なアルトコインということで、上の3銘柄を紹介させていただきました。

    この記事では3つの通貨について簡単に紹介しましたが、まだまだ紹介し足りないくらいです。

    この他の有名な通貨については、ブログ内の「アルトコイン」関連記事で紹介しているので、興味があればぜひ見てみてください。

     

    >「アルトコイン」の関連記事

    アルトコインの特徴について解説

    アルトコインの特徴について解説

    同じ暗号資産ですが、アルトコインとビットコインはそれぞれ別の特徴を持っています。

    ここからは、そんなアルトコインの特徴について、ビットコインと比べながら解説していきます。

    アルトコインの特徴① 時価総額が低い

    まず第一にアルトコインは、ビットコインよりも「時価総額が低い」という特徴があります。

    時価総額というのは、特定の通貨に集まっているお金をすべて合計したときの金額を意味します。

     

    たとえばビットコインの場合、世の中にあるビットコインをすべて集めた時の金額が時価総額となります。

    もしビットコイン1枚の値段が1万円で、枚数が10枚の場合は下のような式で時価総額を出せます。

     

    【時価総額を求めるための式】
    1万円×10枚⇒時価総額10万円

     

    同じように、すべてのアルトコインにも時価総額が存在しています。

    そして、1万種類を超える通貨の中で、もっとも時価総額が大きいのがビットコインなのです。

     

    さらに言うと、暗号資産の全体における時価総額のうちビットコインは約40%を占めています。

    1万種類を超える通貨のうち40%となると、他と比べて規模が違いすぎますよね(・。・;

    アルトコインの特徴② 値動きが激しい

    次に、「アルトコインはビットコインと比べて値動きが激しい」という特徴があります。

    つまり、ビットコインの価格が1%しか変動していない間に、価格が2~3%動くような通貨もザラにあるということです。

    下に、実際の数字を使って例を示しますね。

     

    • ビットコイン
      50,000円分のビットコインが、1日で50,500円になる
      1日で1%の上昇
    • イーサリアム
      50,000円分のイーサリアムが、1日で51,000円になる
      1日で2%の上昇

     

    こう見ると、一見アルトコインの方がお得な気もしますよね。

    でも、逆に減る時も早いことを意味しています。

     

    上に挙げたイーサリアムの例で言うと、50,000円が1日で49,000円になるリスクがあるわけです。

    つまり、値動きが激しいアルトコインは「ハイリスクハイリターン」ということです。

    アルトコインの特徴③ ビットコインの動きに影響される

    「アルトコインは、ビットコインの値動きに影響される」という特徴があります。

    ビットコインが大きく上がったら、アルトコインも上がりやすくなります。

    逆にビットコインが大きく下がったら、アルトコインも下がりやすいということです。

     

    個人的な体感としては、上がった時よりも下がった時の方が大きく影響されている印象です。

    例として、先ほどもご紹介したソラナ(SOL)とビットコインのチャートを見比べてみようと思います。

     

    ビットコインとソラナのチャート

    2021年10月23日、17時から27時までの1時間足チャート

     

    上に載せたのがビットコインのチャートで、下に載せたのがソラナのチャートです。

    それぞれ、同じ時間帯のチャートを上下に並べています。

     

    チャート内に丸を付けた箇所に注目してみてください。

    左側につけた青い丸を見ると、両方のチャートが同じように「少し落ちた後の大きな上昇」という動きを見せています。

    そして右側の赤い丸を見ると、両方とも「大きく落ちた後に小さな上昇」という動きを見せています。

     

    動きの大きさに違いはあれど、どちらも似たような動きをしていますね。

    ただし、全く同じ動きではなく、微妙に違う動き方をしていることも分かります。

    全体的に、「ビットコインは割と平坦な値動き」をしており、「ソラナは上下に大きく動きながらの推移」をしているのが見て取れます。

     

    もちろん、ビットコインに影響されるのはソラナだけではありません。

    同じように、その他のアルトコインも、ビットコインの動きにつられるようにして値動きしているのです。

    こんな現象が起きてしまうのには、多くのアルトコインはビットコインを介して取引されることが多いからです。

     

    たとえば取引所でソラナを買う場合、下のような手順で買われるということです。

    • 現金を入金⇒ビットコインを購入⇒アルトコインを購入

    この場合、ビットコインとアルトコインを同時に買ったことになります。

    多くの取引所でビットコインを介した取引が採用されているので、アルトコインはビットコインに連動するのです。

     

    さらに言うと、ビットコインの時価総額が大きすぎることもアルトコインが連動する要因の一つです。

    ビットコインはいわば暗号資産の王様で、他の通貨と比べ物にならないくらいの時価総額を誇っています。

    そのため、多くの投資家はビットコインの動きを参考にしながら暗号資産全体の状態を判断しています。

     

    そういった投資家たちは、ビットコインが上がるとアルトコインを買いビットコインが下がるとアルトコインを売る傾向があります。

    そのため、アルトコインがビットコインに連動して動くというわけです。

     

    ビットコインについて詳しくは、以下の記事を参考にしてください↓

    アルトコイン投資は初心者向けではない

    アルトコイン投資に向いていない人

    率直に意見を言うと、アルトコイン投資は初心者向けではないと思います。

    逆にアルトコイン投資に向いているのは、「自分の投資スキルは、初心者レベルを十分に超えていると思う」と、自分で言いきれる人です。

     

    初心者向けでない理由は、先ほど解説したように、アルトコインには「値動きが激しい」という特徴があるからです。

    ヘタに初心者の人が手を出すと、アルトコインの値動きに振り回されて損失が増える恐れがあります。

    アルトコインを買った瞬間に暴落して、一気にお金が無くなるのは珍しい話ではありません。

     

    さらに言うと、アルトコインがビットコインにつられて動くのもやっかいです。

    いくらアルトコインが上がりそうな状況だったとしても、ビットコインが落ちたら問答無用で暴落してしまいます。

    予期せぬ暴落に巻き込まれてお金を失うのは、初心者の人にはよくある話なのです。

     

    その点、ビットコインであれば値動きの分析がしやすいという特徴があります。

    ビットコイン自身が基準となって暗号資産が動くので、他の通貨につられることもありません。

    なので、もしあなたがまだ暗号資産をやり始めたばかりなら、初心者にとって最も扱いやすいビットコインのトレードから始めてみるのが良いんじゃないかと思います。

     

    とはいえ初心者の人にとっては、ビットコインの買い方や売り方、利益の出し方などをマスターしていくのもけっこう大変だと思います。

    そこで、詳しい売買のやり方やどうすれば利益が出るのかについて、僕の無料メール講座のほうで詳しくお話ししています。

    メールアドレスだけで受講できるので、ぜひそちらをチェックしてみてください。

    まとめ

    ということで今回は「アルトコインについて分かりやすく解説する」というテーマでお話しさせていただきました。

     

    記事のポイントをまとめると、以下の通りです。

    • ビットコイン以外の暗号資産を「アルトコイン」と呼ぶ
    • アルトコインは初心者にとって扱いづらい
    • ビットコインに慣れてからアルトコインを扱うのが良い

    この記事を通して、少しでもアルトコインに対する理解が深まったのであれば幸いです^^

     

    それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

    \ ビットコインの入門ガイドを無料プレゼント中です /
    ビットコイン入門『スタートアップガイド』

    暗号資産に投資したいと思っても、種類が多すぎて何から始めればいいかワケわからない……悩んだあげくに、結局何もせず終わっていませんか?

    もしあなたがまだ暗号資産の初心者なのであれば、王道のビットコインから始めるのがもっとも入りやすくオススメです。よくわからない新興の通貨よりも、世界で認知されている大企業のような通貨だからです。

    じゃあ、ビットコイン投資をどう始めて、どう稼いでいけばいいのか…!?その肝心な部分をじっくり解説したビットコイン攻略の入門書『ビットコインスタートアップガイド』(電子書籍)を、無料プレゼントしています!

    あわせて無料のメール講座もお届けしますので、少しでもビットコインに興味がわいたのであれば、ぜひ今のうちに受け取っておいてください↓↓

    ※メール講座は、学ぶものがなければいつでも解除していただけます。

    投資初心者の方はフォローをどうぞ^^

    おすすめの記事