ビットコインは何円から購入できる?1万円以下でOK?

こんにちは、テルヒコです。

今回は「ビットコインって何円から購入できるの?」という疑問にお答えします。

僕の知り合いで、ビットコインに興味がある(だけど知識ゼロ)の人が、こんなことを言っていました。

ビットコイン初心者
今って、ビットコインかなり値上がりしちゃったから、投資するのにも500万円くらい必要だよね……

管理人テルヒコ
そんなことないですよ!もっと安い金額で買えます!

もしあなたも同じようなことを思っていたのであれば、ぜひ記事を最後まで読んでいただきたいです。

 

確かに、2020年の終わりごろから急速にビットコインが盛り上がっています。1BTCあたりの価格が200万円を超え、急激に値段を上げ始めたのです(「BTC」はビットコインの単位)。

その流れのまま、2021年の頭には500万円を突破。

この動きを見て、

  • 「安いうちにビットコイン買っておけばよかった」
  • 「1BTCが500万円を超えちゃったら、もう買えないよな……」

と思ってしまった人も多いかもしれません。

 

ですが、1BTCが500万円を超えたからといって、最低でも500万円を用意しなくちゃいけないわけではまったくありません!

ビットコインは、実はもっと少ない金額からでも購入できるものなのです。

それでは、詳しく解説していきますね。

    ビットコインは何円からでも購入できる

    ビットコインは、実は0.001BTCから買うことができます。

    「ビットコインが500万円を超えたなんて高すぎでしょ」「高すぎるから投資を始められない」なんて思われることもありますが、そんなことはありません。

    確かに、1BTC=500万円のときに1BTCを買いたいなら、500万円が必要です。

    ですが、実際は1BTCが最低の単位ではなく、0.001BTCから購入可能なんです。コインチェック購入画面

    小数点以下の単位で買えてしまうんですね。

    1BTCが500万円であれば、0.001BTCは「5000円」です。1BTCが1000万円まで上がったとしても0.001BTCは「10,000円」ということになります。

    つまり、2021年4月現在の時点では、1万円以下でビットコイン投資が始められるということです。

     

    このくらいの金額だったら、初めての人でも購入しやすいのではないでしょうか?

    「ビットコインは高すぎるから買えない」と思っていたのであれば、小数点以下の単位で買うという選択肢があることを、ぜひ知っておいていただければと思います!

    少額を買ったところで稼げないんじゃないか?

    ビットコインは少額では稼げない?
    とはいえ、1万円以下の金額で買ったところで、「たいして稼げないんじゃないか」と思われるかもしれませんね。

    この考えは間違っていません。確かに、投資額が大きければ大きいほど、得られる利益もより大きくなることが期待できます。

    1ヶ月の収支が元手の10%であれば、1万円で投資すると月1000円の利益。元手が10万円であれば、月1万円の利益。さらに増やして元手が100万円なら、月10万円の利益です。

    こうやって見てしまうと、少額でビットコインを買っても、こづかい稼ぎにすらならないんじゃないかと思えてきます……。

     

    じゃあ、少額なんかでビットコインを購入するより、ある程度の元手が貯まるまで待っていたほうがいいのでしょうか?

    それは1つの選択としていいかもしれませんが、僕としてはオススメしません。

    なぜなら、「まずは少額から稼ぐこと」に意味があるからです。

     

    大きな元手を用意して大きな金額でビットコインを購入する……確かに、そのままビットコインの価格が上がってくれれば大きな利益になるのかもしれません。

    しかし、利益が大きくなる可能性があるということは、逆に大きな損失になる可能性もあるということ。

    つまり、せっかく用意した大きな元手が、すべてなくなってしまうことだってあるわけです。

    初心者にとって、これはけっこうな精神的ダメージですよね……(もちろん、経済的なダメージも大きいです)。

     

    少ない金額で買っても得られる利益は大きくないですが、意味がないわけではありません。むしろ、1万円以下で買ってみることは、初心者にとっては良い投資の練習になります。

    いきなり稼ごうとするのではなく、まずは「お試し」「基礎トレーニング」のような感覚で、始めてみてはいかがでしょうか。

    実際に、僕も最初から何百万円という金額を使って、ビットコイン投資をやっているわけではありません。まずは自分の手元にあるお金で、買える範囲の金額で、投資を始めています。

    そういう意味で、ビットコイン投資初心者の人が少額でビットコインを買うということは、かなり意義のあることなわけです。

    ビットコイン投資を始めるならなるべく早いうちに

    ビットコイン投資は早いうちから始める

    さらに言えば、そもそも「投資」というのは、早く始めた人ほどチャンスがめぐってきやすくなります。

    投資に限った話ではないかもしれませんが、やはり行動するなら早いに越したことはありません。

    ビットコインの出始めの頃からビットコイン投資を始めた人は、今どのくらいの利益をたたき出しているのか……1BTCだけで500万円を超えているという現実を考えたら、きっとすごい金額になっているはずです。

     

    とはいえ、「早いうちに買っておけば将来的には上がるから、絶対に稼げる」という話ではありませんよ!

    金額の問題よりもポイントになるのは、「経験」です。

    今始めた人と、1年後に始めた人の間には、1年分の経験差が生まれます。

    今せっかく興味を持っているのに、お金が足りないという理由で先延ばしにするのは、非常にもったいないわけです。

     

    有名な投資家を見てみても、20歳以下から投資を始めている人がけっこういますよね。

    世界一の投資家とも言われるウォーレン・バフェット氏は、11歳のときに株式投資を始めたそうです。驚きですね!

    あなたもいずれビットコイン投資を始めるだろう……と思っているのであれば、まずは少ない金額で早めに始めていくのがオススメです。

    「大きな金額を用意してから」と待っていても、そのころにはさらにビットコインの価格が高くなっているかもしれませんし、経験も勉強も(そして興味も)追いつかなくなってしまうかもしれません。

    資金は後からでも、いくらだって追加できます。

    まずは1万円以下の少額で購入して、早いうちからじっくりとビットコイン投資の経験を積んでいきましょう!

    ビットコインを1万円以下で購入する具体的なステップ

    それでは実際に、ビットコインを1万円以下で購入するための方法をステップ形式でお伝えします。

    少額でビットコイン投資を始めるには、以下のような流れでやってみてください。

     

    1. 生活費の中から元手を用意する(金額を決める)
    2. ビットコインを買うための口座を開く
    3. 元手を入金する
    4. しかるべきタイミングで、最小単位のビットコインを購入

     

    それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

    1. 生活費の中から元手を用意する

    まずは元手となるお金を用意するところから始めてください。

    「いや、1万円くらいなら用意ってほどでも……」と思われるかもしれませんが、ここは金額の問題ではなく、きちんと生活費から切り分けて考えるというのがポイントです。

    いま、毎月入ってくる金額(お給料やその他の収入)のうち、どれだけをビットコイン投資にかけられるのかをハッキリと決めておきましょう。

    「あ、今月はちょっと臨時収入があったから、1万円くらいビットコイン買ってみるか……」といった気軽な気持ちでやるのはオススメしません。確かに、失ったとしても金額的にはそこまで痛手ではないですが、これがクセづいてしまうと、大きな金額を動かすことになったときにも「ま、いっか」の感覚でやってしまうかもしれません。

    なので、たとえ少額であっても、ふだん稼いでいる金額の何パーセントくらいをビットコイン投資にかけられるか、始める段階でしっかり計画しておいてください。

    もちろん僕も、「生活費の中からこれだけ」という資金管理の計画をしたうえで、日々の投資を行っています。

    2. ビットコインを買うための口座を開く

    元手が準備できたら、用意したお金を入れるために口座が必要です。現金を、ビットコインなどの仮想通貨に変えるための口座です。

    インターネットから簡単に申し込めてしまうので、まだ持っていない場合はひとまずササっと口座開設しておいてください。

    口座開設は無料でカンタンにできます。口座開設したからといって、すぐにお金を入れたり、取引したりしなくちゃいけないわけではないので、ご安心を。

    仮想通貨の口座はいろいろありますが、とりあえずは有名どころをおさえておけば問題ありません。

    どこで開けばいいかわからないとか、申し込みに不安がある方は、以下の記事を参考にやってみてください。

    後日、口座の作り方を解説する記事を作成します。

    3. 元手を入金する

    口座開設の申し込みが終わり、実際に取引ができる状態にまでなったら、いよいよ入金です。

    最初に決めた元手を、口座のほうへ移しておきましょう。

    具体的な入金方法はどの取引所で行うかによって変わってくるので、開設した口座で確認してみてください。

    ちなみに僕の場合、スマホで自分の銀行口座からすぐに入金しています。

    4. しかるべきタイミングで、最小単位のビットコインを購入

    入金までできれば、あとは購入あるのみですね!

    あなたの資金で買える最小単位のビットコイン(0.001BTCから買えます)を、ボタンをポチポチっとして買ってみましょう。

    ただし、いつでも適当に買えばいいってわけではありませんよ!

    当たり前ですが、利益の出るタイミングを見計らって買わないと、損する可能性も高くなってしまいます。チャートを見ながらしかるべきタイミングを狙って、買いの注文を入れていきましょう。

    もちろん絶対に利益が出るタイミングというのはわかりませんが、「利益になる可能性が高いポイント」というのはチャートから判断できます。

    そういった詳しく買い方の解説は、僕の無料メール講座のほうで詳しくお話ししていますのでぜひチェックしてみてください。

    メールアドレスだけで受講可能です。

    まとめ

    ということで今回は「ビットコインは何円から購入できるのか」という疑問について解説しました。

    ビットコインの最小の購入単位は0.001BTCからなので、1BTCが1,000万円になったとしても、1万円から買える計算になります。「ビットコインは高すぎて買えない」と思う人も多いですが、これはカン違いということですね。

    ビットコインは金持ちのための投資ではありません。むしろ、僕たちのような一般人が、効率よく資産を増やしていくための手段のひとつです。「まだ投資にかけられるお金が少ないからやらない」では、もったいないですよ!

    少ない金額から始めることでまずは経験を積み、慣れてきたところで後から資金を追加していけばいいだけの話です。いきなり大金を稼ごうとするのではなく、まずは1万円以下でもいいから始めてみて、少しずつビットコインについて学んでいきましょう!

    当ブログ『ビットコインCafe』では、そのためのお役立ち情報をたくさん発信していますので、ぜひ隅々までご覧になってみてくださいね!

    投資初心者の方はフォローをどうぞ^^

    おすすめの記事