こんにちは、初めまして。

管理人のヒロマサと申します。本ブログへお越しいただきありがとうございます。 

私は現在30歳で、地元から離れた兵庫で一人暮らししながら、企業へ勤めています。会社では中堅社員と呼ばれる立場になり、忙しいながらも充実した日々を過ごしています。

 そんな中、様々な縁やきっかけがあり、会社員と並行して”投資”で稼ぐ生活を送るようになりました。今まで、以下のような投資に取り組み、時には損失が出たり、利益を出したりしながらなんとかここまでやってきています。

【今までヒロマサがやってきた投資】

  • FX
  • バイナリーオプション
  • ビットコイン&リップルのトレード
  • 有力なビットコイン投資「ビットクラブ」
  • ビットコインを自動プログラムで増やす新たな投資「ジュビリーエース」

もしあなたが、サラリーマンという肩書を持ちながら

「他に収入を得る手段はないものか…」

という考えでこのブログにたどり着いたのであれば、このブログのコンテンツがきっとお役に立てると思います。

サラリーマンという立場から、投資家になることを決めたきっかけ

今でこそ、それなりのお金を持てるようにはなりましたが、元々の私は裕福な家庭の生まれではありませんでした。そして、中学生くらいの頃には、自分の家にお金が無いことが分かるようになりました。お金が無いことが分かってくると同時に、周りから「ケチ」と呼ばれるような性格に育っていきました。

悪いことをしたことは無いですが、すぐにお金を出し渋るようなケチくさい行動を取っていました。今でこそ、ある程度は改善されましたが、昔から「お金が大切」だという考えが染みついていたんですね。

度を越したケチは周りに迷惑をかけてしまいますが、今でも「お金が大切」だという考えは変わりません。もし自分に子どもができたとき、お金が無ければ子どもにみじめな思いをさせてしまいますからね。

アラサーになった今だからこそ、お金の大切さを実感させられます。自分の周りには、家や車のローンで四苦八苦している知り合いがたくさんいます。それが悪いわけではないですが、やっぱり苦しい思いをせずにローンの支払いができるほうがいいですもんね。

つまり私ヒロマサは、人よりも少しだけお金の大切さを意識しまくっている、アラサーのリーマンということです。そして、お金の大切さを意識しまくっていたがために、

「サラリーマンのままではいけない!」
「投資家こそが裕福になるための最良の手段だ!」

ということに、早い段階で気づくことができたのです。
お金について考え方(参考記事)

社会人になって、投資を始めるまで

22歳で大手企業に就職して、兵庫で一人暮らしを始めた私は、早い段階で「収入源を増やしたほうがいい」という考えを持つようになりました。たまたま、会社の先輩・上司と給料に関する話をして、先輩たちがどの程度の給料をもらっているのかを知る機会がありました。

それと同時に、自分が会社に勤め続けた時、どれくらいのお金を得られるのかを理解してしまいました。つまり、会社からの給料だけで生活するのであれば、「生活には困らないけど、節約しながら生きていかなければならない」という現実を突きつけられたのです。

日本中の誰もが知っているような大手企業の大先輩方ですら、稼いでも稼いでも節約しているのが現状でした。これは、私にとってかなりの衝撃でした。

「これだけ働いて、これだけキャリアを積んで、この歳になって、まだ節約しなくちゃいけないのか……」

そんな逃げ場のない不安が、一気に襲いかかってきたのです。その時点で、お金のない辛さを分かっている私は、会社以外で収入を得る手段を探すようになりました。

人との出会いがきっかけになる

ふだんからビジネス書をたくさん読んでいた私は、「チャンスは人との出会いでもたらされる」という考えを持っていました。そのため、最初の数年間は、新しい出会いをつくれるように色々な場へ足を運びました。

ネットで検索したり、人から紹介されたりして、世の中には色々な仕事のやり方があることを知りました。ですが、どれも自分の収益に結び付けることはできず、時間だけが過ぎていきました。

そんな中、流れを変えるきっかけになるような出会いがありました。社会人になって4~5年くらいが経過したころ、当時の私はバイナリーオプションに取り組んでいました。
(バイナリーオプションというのは、FXの親戚みたいなものです。)

バイナリーオプションに勝つためのソフトを購入し、最初の数か月はソフトの指示に従って儲けまくっていました。ですがしばらくすると、ソフトが間違った指示を出すようになり、気づけば100万以上の損害を出していました。どうすればいいのか分からず、現実から目をそむけるように、投資から離れた生活を送るようになりました。

そんな時に出会ったのが、投資の師匠となるNさんでした。

師匠との出会い、ビットコインとの出会い

Nさんは、投資や自分の事業をがけているような方であり、普通であれば自分とは縁のない世界の住人です。不思議な縁によって、私はNさんとつながりを持ち、投資を教わることになります。

今まではソフトの指示にただ従っているだけだったので、自分の頭で考えて取引しているわけではありませんでした。そんな私のやり方を一蹴するようなことを言われます。

「投資はスポーツと同じ。基礎的な取引の力を上げれば、どんな相場でも稼ぐことができる」

取引の力?今までそんなことを考えたことはありませんでした。私にとって、その言葉自体が新鮮に感じられました。私は師匠から本を受け取り、一から”チャート分析”を学び、”取引の力”を上げていきました。

本をすみずみまで読みつくしました。それから”FX”に取り組む日々が始まりました。バイナリーオプションは卒業です。バイナリーオプションと違い、FXは運の要素が少なく、自分の力がダイレクトに収益へ反映されます。10万円という少額での取引をくりかえし、”取引の力”を高めていきました。

数か月ほど経ち、元手の10万円は15万円になりました。わずかな稼ぎではありますが、確かに自分の力で稼いだ5万円です。これは確かな自信になりました。

「これから取引金額を大きくして、本格的に取引を始めよう!」

そう思い始めた頃、ビットコインとの出会いおとずれました。

その日から方向転換。ビットコイン投資の日々が始まる

2017年11月、Nさんと話していた日のことです。Nさんから、「ビットコイン投資」に関する話を聞きます。正直ビットコインの名前は知っていましたし、仮想通貨という名前も知っていました。ですが、それが何なのかはあまり理解していませんでした。
(世間的にビットコインが有名になる少し前のお話しです)

Nさんからビットコイン投資の話を聞き、「FXよりもビットコインに投資した方がいい」という考えに変わりました。

ビットコインという言葉は聞いたことがありますよね?もうすっかりおなじみになった仮想通貨の一種です。仮想通貨とは、インターネット上でやり取りされるお金のことです。この仮想通貨も、株式投資に銘柄があるように、FX取引に通貨ペアがあるように、この仮想通貨にもいろいろなコインの種類があります。

ビットコインは、そのひとつということですね。なぜビットコインに投資したほうがいいのかというとビットコインはこれからの時代そのものを変えていくテクノロジーであるからです。 

2018年時点で、手紙はメールへ進化し、固定電話はスマートフォンへ進化しました。情報は、インターネットで検索するだけですぐに手に入ります。

しかし、お金だけは明治時代から姿を変えずに紙のままです。

そんな紙のお金が、ついにインターネット化されたのです。それこそが、仮想通貨であり「ビットコイン」なのです。その後、Nさんは月々に数十万レベルの利益を出すようになり、私もある程度の稼ぎを得ることができています。
(私はまだまだこれからという感じですが、さらなる利益が出せるように日々前進しているところです。)

ビットコイン投資ってどうやるの?

ひとくちに”ビットコイン投資”と言ってもさまざまな種類があります。どんな種類があるのかと、それぞれの特徴について簡単にお話ししますね。

①ビットコインを売買する(トレードする)

一番イメージしやすい投資と言えば、やはりトレードではないでしょうか?40万円で購入したビットコインが200万円になったとすれば、差額の160万円を儲けたことになります。

この方法が、いちばん手軽でとっつきやすい投資かなと思います。

②持っているビットコインを投資に使う

ビットコインはお金として使えるので、ビットコインを使って投資するという選択肢があります。

株式の投資でしたら、企業へお金を払って株を受け取りますよね?それと同じように、「ビットコインを支払って、株(のようなもの)を受け取る」のが”ICO”と呼ばれる投資です。ICOとは、イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)の略で、企業が資金調達などを目的として行うものです。

企業が株のような仮想通貨(トークンと呼ばれます)を発行し、その仮想通貨を投資家が買う仕組みですね。投資家が買ったトークンは、そのまま仮想通貨として使うことができます。ビットコインの業界では有名な投資方法のひとつです。

特徴としては、「案件が多い」「比較的、リスクが高い」ことが挙げられます。その反面、大きな収益になる可能性もあります。ただし、ICOに関しては「ICOに投資したら、お金をだまし取られた」というお話しもよく聞きます。
詐欺と、それ以外を見極めるのが難しいので、「あまりお勧めできないな」というのが個人的な意見です。

③それ以外の案件

トレードとICO以外に、ビットコイン関係の投資にはさまざまなものがあります。私が実際に力を入れて取り組んでいる「ビットクラブ投資」も、①と②に当てはまりません。

これ、何の投資なのかというと、巷で話題になっている「マイニング」というやつです。マイニングとは、簡単に言うと、仮想通貨の発行をお手伝いしているようなものです。その作業の報酬として、手元に仮想通貨が支払われるイメージですね。

ただ、これを個人でやるとかなりしんどいというか、大規模すぎてほぼ不可能なので、基本的には企業が会社単位でやるのが一般的です。そして、その企業こそが「ビットクラブ」であり、ここに投資して、マイニングの報酬を得ることが「ビットクラブ投資」なわけですね。

なぜ私が、トレードでもなくICOでもなく「ビットクラブ投資」をやっているかというと、ビットクラブ投資は基本的に「放置」でいいからです。たとえばトレードであれば、日々の価格の上下についていかなければなりません。毎日、仕事が忙しい中で、チャートをいつも気にしないといけないのはキツイです……。

もちろん、デイトレーダーのようにパソコンにずっと張り付かなくてもいいでしょうが、それでもやっぱり、買って売ってを繰り返すのはサラリーマンにとっては忙しすぎです。一度始めれば、マイニングマシンがせっせとビットコインを生み出し、その一部が自分の口座へ還元されてきます。つまり、「不労所得」ということです。

もちろんビットコインの価格が安いと大した収益にはなりません。これから先、ビットコイン価格が上がると考えているからこそできる投資です。ただ待っているだけで口座の数字が増えるので、今のところこれが一番利回りがよく、かつ楽しみながらできる投資になっています。

とはいえ、ビットクラブに固執しているわけではありません。収入源はあればあるほどリスク分散となります。そういった理由から、新たに取り組んでいる案件が「ジュビリーエース」です。シンガポール出身の創業者によって作られたジュビリーエース社が提供している案件となります。
ジュビリーエースとは?(参考記事)

完全自動のプログラムを使い、アービトラージと呼ばれる手法によって、ビットコインを稼げる投資です。”完全自動”と聞くと、「本当に大丈夫なのかな?」と怪しむ気持ちがわいてきますが、心配ご無用です。

ジュビリーエースのウリは、圧倒的な透明性です。ジュビリーエースの保有するプログラムの取引は全て公開されており、1秒に1回のペースで利益を出している様子が見れるようになっています。「必ず稼げる投資」として、少しずつ話題になっています。

お金の運用をプログラムが自動でやってくれるので、自分自身が時間を費やす必要はありません。つまり、ジュビリーエースも「不労所得」なのです。

ヒロマサが今までやってきた投資

あらためて、これまでの投資歴をまとめますと、

【今までヒロマサがやってきた投資とその結果】

バイナリーオプション
大失敗。”取引の力”を身に着ける必要性を学んだ。

FX
元手の50%利益が出た時点で仮想通貨の投資へ方向転換した。

ビットコイン&リップルのトレード
どちらも、10万弱の利益を出した。(ビットクラブの片手間でやってみました)

ビットクラブによるマイニング投資
117万円の投資額を少しずつ増やしている最中

ジュビリーエースによる自動プログラムでのアービトラージ投資【←今ココ】
「必ず稼げる」と言われる仕組みを活用して運用中
これからどうなるかがとても楽しみ
ジュビリーエースとは?(参考記事)

といった感じで、コツコツやってきています。

このブログでは、人よりも少しだけ「お金の大切さ」を知っているアラサーのリーマンが、さまざまなコンテンツをご紹介していきます。
ジュビリーエースの最新情報ビットコインについての知識無料メルマガの提供人生観やお金についての考え方についての記事などをご紹介しています。

特に、私と同じような考えを持った方に役立つような情報を発信できればと考えています。ぜひ、ブログのすみずみまでご覧になってみてくださいね^^

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

ヒロマサ